3つの要素を理解して、ローカル検索結果でWEB集客をする

来店型3

今回は、来店型店舗のかたに、ぜひWEB集客の方法として活用していただきたい「Googleのローカル検索結果」についてご紹介したいと思います。

▶来店型店舗にとって重要な「ローカル検索結果」

街なかで近くのお店を調べたり、目的地のお店を調べたりする時に「地域+業種」で検索したことはありませんか。

それを「ローカル検索」といいます。

Googleのローカル検索結果には、検索キーワードからユーザーの求めているお店や施設が表示されます。

ローカル検索結果

Googleでは、ローカル検索を行った場合、検索結果として何店舗かがTOPページに表示されます。

「出先で髪を切りたい」
「お昼に美味しいランチを予約したい」

など、スマートフォンの普及率が上がるにつれて、お客様も外出中にお店を検索されることが増えており、また、スマートフォンなどからWEBサイトにアクセスされる機会も年々増加の傾向にあります。

ホームページからの集客を考える上でも、今後、ローカル検索結果を活用することが重要になってきます。

スマートフォンで検索する際は、同時に地図などのアプリを使ったりと、来店を考えられているお客様が多いと思います。

特に問合せは、シニアのかたでも簡単に、ダイヤルせずにタップするだけで電話をかけられるので、問合せをするハードルも低くなります。

このようなことから、ホームページなど、WEB上からの集客するためには、店舗情報がローカル検索結果に表示されるように、または掲載順位をあげるためにGoogleマイビジネスを活用することが大切といえます。

▶ローカル検索結果の評価基準、3つの要素

ローカル検索順位を上げるには重要な3つの要素があります。

それが、

①【関連性】②【距離】③【知名度】です。

①【関連性】の評価
「マイビジネスに登録されている店舗情報」が、「検索キーワード」にどのくらい関連性があるかを評価します。

②【距離】の評価
「検索キーワード」と「店舗の登録住所」を評価します。
※検索キーワードに「地名」が含まれる場合は、その地名での検索結果が表示されます。

③【知名度】の評価
有名なブランドや公共施設など、多くの人が知っている店舗や施設は評価されやすい傾向があります。
これらの要素はGoogleマイビジネスに登録した情報から評価されます。

これらの要素を意識し、充実した最新の店舗情報の掲載がローカルSEO施策につながるといえます。

▶ローカルSEO施策をすることでWEB集客につなげる

ローカル検索結果は、検索語句との関連性が高いものが優先的に表示されます。

例え、遠い場所にあるお店だとしても、Googleのアルゴリズムに基づき、関連性なども考慮された上で、検索内容に一致していると判断されれば、上位に表示される可能性もあります。

ビジネス情報の内容が充実しているほど、検索語句と一致しやすくなります。なので、必ずすべてのビジネス情報を Google マイビジネスに登録することをおすすめします。

Googleマイビジネスの無料ウェブサイトで集客!

top

Googleマイビジネスで、シンプルなウェブサイトが無料で作成できるサービスが開始されました。
案内ページによると、所要時間は10分ほどで、簡単な3つのステップで設定が出来、パソコンやスマートフォンでいつでもサイトの作成、編集が出来るそうです。
今まで、ホームページが欲しくても時間や予算がなくて作成されていない方などは、集客にも役立ちます。
また、パソコンに詳しくないシニアの方でも頑張ればできるかもしれません。

ダッシュボード画面

ダッシュボード画面

簡単な3 つのステップ

作成

普通にサイトを作成する場合、これを1ステップにしたらアカンやろとツッコムところですが、このサービスでは、Googleリスティングに入力した情報より、サイトが自動的に作られるそうです。

編集

サイトのテキスト、写真、デザインテーマの変更等をします。
これが出来ないと、ウェブサイトを作りましたとは言いにくです。

公開

最後はドメインを選択して、作成したウェブサイトを公開するだけ!

ウェブサイト作成の最初の画面

ウェブサイト作成の最初の画面

メリット

設定がとても簡単。集客にも役立ちます。

モバイルに対応

ウェブサイトはレスポンシブデザインなので、PC、タブレット、スマートフォンで適切なサイズで表示されます。

カスタムドメイン

独自ドメインを取得し、使用することが出来ます。
Googleで紹介されているサービス3つのうち、「GoDaddy」のみ日本語対応です。
また、紹介されていないドメイン取得サービスでも「リダイレクト」の設定が出来れば使用可能。
※リダイレクト設定が出来ない場合、使用できない可能性もあるので注意!

自動更新

Googleリスティングの情報が自動的に反映、常に最新の情報を発信。

外出先でも情報を管理

PCだけでなくスマートフォンからでも作成と管理が可能。

通話件数と訪問数を増やす

Googleマップ上にビジネスの所在地、電話番号が表示される。

デメリット

今のところ1ページだけの構成で、複雑な設定は出来ないようです。
ですので、現在ウェブサイトを作る予算やスキル、時間の無い方や、とりあえずウェブサイトを持っておこうとお考えの方向けといったところです。

今回はGoogleマイビジネスで無料で作成できるウェブサイトの紹介をしましたが、あまりGoogleマイビジネスであまり利用しないサービスや新しいサービスの紹介をしていきます。

SEOで、ライバルと ”まともに” 競争してはいけません。

2つ目のHP

競争に巻き込まれることなく、

より少ない労力でライバルたちに勝つには、

自分に有利な条件になるように、局地戦にもち込む必要があります(ランチェスター戦略)。

または敵がいないところを目指します(ブルーオーシャン戦略)。

 

上記の2つは経営戦略的な側面が強いですが、
SEOにおいても、とても効果的です。

 

細かい定義は他にゆずるとしまして、
ようするに

 
「戦わずして勝つ」

 

が効果的・かつ効率的だということです。
そしてそのためには、SEOの対象となる検索キーワードを
絞り込む必要があります。

 

歯科医院の場合
496e94fb1ab88fa73c8d8c3d2586820b_s

たとえば、歯科医院さんの場合であれば、

「インプラント治療」だけに絞り込んで、

そのことを専門に扱う「専門サイト」を作ります。

 

ただし、「インプラント」だけでも、

今や、そうとうな激戦キーワードです。

それではどうしましょう。

 

例えば、

 

「ブリッジ治療」

 

について、とことん掘り下げてみてはいかがでしょうか。

(※「ブリッジ」とは、歯を失った時の治療法のひとつです。)

 

インプラント治療への導線をつくりつつも、

ターゲットとしては、

 

「インプラントに不安を覚える方」

 

を対象にし、

その人たちの不安を取り除くことを目指すのです。

ここで重要なのは、「競争をしない」、ということです。

 

他の業種で言えば、

 

リフォーム業の場合
diy-932183_1280-1024x682

リフォーム業なら、「水まわりのリフォーム専門」とし、

「蛇口の水漏れ 修理方法」

 

をとことん掘り下げる、という方法もあります。

 

そして、「自力で修理をやってみたけど、どうにもならない方」
からの注文を得られるよう、工夫を重ねるのです。

 

 

▶美容院の場合
hairdresser-1098831_1280-1024x708

美容院なら、「シニア向け美容サービス専門」とし、

 

「60代 髪型」

 

をとことん掘り下げる、という方法もあります。

さらにはショートカット専門という要素も加味し、

シニア集客を目指すのです。

 

 

上記はもちろん、一例です。

考えればまだまだ出てくるでしょう。

 

また、全業種に通じる共通の方法もありますが、

それは別の機会にお伝えしたいと思います。

 

 

このように、第二のホームページとして「専門サイト」を持ち、

適切な対策をすることで、

競争することで起こる、つらさ・気苦労から逃れ、
コストや手間をあまりかけずに、新たな集客の入り口ができるのです。

SEOとして、まずGoogle対策がどれだけ重要かを理解する

seo-1910427_1920

 

まず、冒頭の数字ですが、
これはグーグル、ヤフー、Bing(ビング)
などの検索エンジンの中での、
グーグルのシェアを示しています。

今回は、ホームページで集客をねらうためには、
いかにグーグル対策が必要か、ということについて、
お話していきますね。

 

まず、

「ホームページを持つ。」

 

今の時代、これはもはや「当たり前」となっています。

 

ですが、「今までの」ホームページは意味がありません。

 

誤解を恐れずにいえば、「持っているだけ」では、

ホームページはまったく意味がありません。

 

ホームページは、

問い合わせ(来店の見込み)につながる方が見てくれて、

初めて集客につながります。

 

そしてそれを実現するためには、このような方法があります。

 

■検索順位を上げる(SEO対策)

■広告をうつ

■ブログを書く

その中でも、重要かつ、みなさま関心がおありなのは、

おそらく冒頭にあげたSEO対策でしょう。

 

まず、今日、SEO対策をするとして、

最も重要なことを申し上げます。

それは、

 

「読者が求める情報を発信する」

 

です。

Googleは毎月1回程度、検索順位を決める要素を変更します。

そしてその精度も日に日に洗練されてきており、

2017年6月現在は、

もはや小手先の手法は全く通じないようになっております。

 

業者任せで大金を払い、

短期的に順位が上がったとしても、

逆に順位が落ちるという事例が起こっています。

 

Googleに喧嘩を売ると、高確率で順位が下がるのです。

 

さらには、2017年6月12日の時点での、

日本における検索エンジンのシェアは、

 

■Google 66.56%

■Yahoo! 27.62%

となっており、Googleはヤフーの約2.4倍のアクセスがあります。

(参考:Stat Counter )

 

また、2010年からヤフーの検索のシステムは

Googleのものを採用しており、実質、検索エンジンの業界は

Googleの独占状態なのです。

 

そう。Googleには、絶対に逆らってはいけないのです。

 

それではどのようにSEO対策をするかというと、

結局、「Googleの方針に沿わせる」形をとります。

つまり、

 

「読者が求める情報を発信する」

 

に行きつくわけです。

 

たとえば、歯科医院さんの場合であれば、

「歯医者」というキーワードの検索結果で上位表示されるために、

SEO対策をしている歯科医院さんはたくさんあります。

 

そのため、「歯医者」というキーワードで上位表示されようとしても、

すでにライバルがたくさんいるので、

激しい競争に勝たなければいけなくなってしまいます。

 

さらには、何とか頑張ってその戦いに勝てたとしても、

 

「来院にいたる率」

 

で見れば、非常に低くなり、おそらく十分な費用対効果を

得られないでしょう。

 

なぜなら、「歯医者」で調べる人は、

 

■虫歯を直したい
■歯石を取ってほしい
■インプラントに興味がある

 

などなど

さまざまな目的で調べるので、

そのような方に一律、同じ表現のホームページを見せても、

心に響かないからです。

 

例えば、

 

■虫歯を直したい
■歯石を取ってほしい
■インプラントに興味がある

 

という問い合わせの電話がかかってきた場合、

 

「お電話ありがとうございます。

当医院は○○市にある歯科医院で、○○駅から徒歩5分です。

当医院の理念は○○で・・・」

 

なんてお話をされますでしょうか。

間違いなく、問い合わせ内容に合わせて、お話を変えるはずです。

 

ホームページの世界でも同様で、

検索されたキーワードによって、

案内する内容を変更する必要がある、

ということです。

それでは、具体的にどうすればよいかは・・・

少々長くなりましたので、

またの機会にお話させていただきますね。

ひきつづきよろしくお願いいたします。

ホームページで「集客し続ける」ために必要な1つの方法

social-1966030_1280-1024x678

 

ホームページで集客し続けるためには、

 

「お客さんにとって役に立つ記事を書き続ける」

 

ということが必要です。

なぜなら、役に立つ記事を書き続けることで、

 

①検索順位を上げ、
②お客様からの信用を高める

 

ことにつながるからです。

まず、ホームページの集客において、

検索順位は非常に重要です。

 

この点Googleは、2011年12月に「フレッシュネスアップデート」という、

プログラム更新を行い、

情報の鮮度を重視するようになりました。

つまり、「情報が新しいサイトは順位を優遇する」ということです。

 

このアップデートにより、

これまで以上に、ホームページの掲載情報に

鮮度が求められるようになりました。

 

逆に言えば、

しっかりと有用な情報を発信し続けているサイトは、

検索順位が上がりやすい、

ということです。

 

このため、記事を書き続けることが重要になっているのです。

 

 

次に、記事を書き続けることがお客様からの信用を高める、

という点についてご説明します。

 

近年の消費者の嗜好の多様化や

SNSの普及などにより、

商品のライフサイクルが

急激に短くなってきたといわれています。

 

つまり、わたしたちは商品を改良する回数を

以前よりも増やし、

より短期間で新たな価値を生み出さなければ

いけないということです。

 

そしてその生み出すべき新たな価値は、

「情報」

という形であっても大丈夫です。

 

つまり、有用な情報が適切に配信されているサイトは、

コロコロと移り変わる消費者の嗜好を、

その変化に応じて充足させ、

満足度を高める、

ということです。

 

少しご説明がわかりにくかったかもしれません・・・。

 

もしくは、

 

■定期的に役に立つ情報が更新されているサイト
■まったく情報が更新されていないサイト

 
 
の、どちらが信用に値するか、

という点で見てもよいでしょう。

 

まちがいなく、

更新したほうが良い、ということがわかるかと思います。

 

SEO対策のためにも、また消費者の信用を得るためにも、

ホームページは何とかして更新しましょう。

 

あなたのライバルは、Googleがフレッシュネスアップデートを発表した5年以上前からすでに、対策されているかもしれません・・・

 

 

 

保有率70%以上のスマホから、WEB集客をするGoogleマイビジネス

来店型1

WEB集客はされていますでしょうか。

ポータルサイトへの情報掲載やホームページ、SNSなど、様々なWEBでの集客方法がありますが、今回は「無料」で、しかも「来客型の店舗」様向けのWEB集客「Googleマイビジネス」についてご紹介したいと思います。

 

「Googleマイビジネス」は、来客型の個人店舗にとって特に重要です。

Googleマイビジネスには、大きな特徴があります。それは、スマホで見る「地図」であるGoogleMapと密接につながっていることです。

だから無料でも集客に繋げやすいPR方法といえます。

 

「地図」と「マイビジネス」が来客につながる仕組み

地図はどういう時に使いますか。

周辺のコンビニや飲食店を探すとき、シニアの方であれば地図のアプリに「病院」といれるだけで、近くの病院の情報が表示されます。

はじめてお店に行くときには、地図が必要です。大抵のお客様は来店する前に、お店までのアクセスを調べます。

今では、スマホでGoogleマップを開いて、カーナビ感覚で、行きたい場所やお店の名前を入れるだけでお店に行けるようになり、本当に便利な時代になりました。

来店を考えておられるお客様にとって、地図の情報は重要です。

だからこそ多くの方が利用している地図アプリと連携しているGoogleマイビジネスに情報を載せることが集客につながるといえます。

地図はお客様を集客するための導線と考えることが大切です。

 

登録されているか確認しましょう。

あなたのお店はGoogleマップで検索して出てきますか?

その簡単な確認方法ですが、まずお店の名前を検索します。 すると、次のような画面がでてきます。

オーナー?

この場所にビジネスオーナーですか?と表示されていれば、Googleマイビジネスには登録されていないことを示しています。

Googleマップに表示させたい場合は、お店(会社)の情報をGoogleマイビジネスに登録すればOKです。

登録方法は記事でご紹介していますので、登録がまだの場合はぜひご覧ください。

 

次回はGoogleマイビジネスに関係しているローカル検索についてご紹介します。

 

大手ポータルサイトとの連携

lp-rogo+3

今回はメガキャリアとの連携です

ローカルプレイスは日本が誇る3大メガキャリアとの連携が行えます。

Yaho!ロコ・LINE@・Googleマイビジネス

ローカルプレイスはこの3つのキャリアへの露出を高めユーザーの集客を促します。

 

ではそれぞれの特徴を簡単に説明します。

y-rogo

■Yaho!ロコとは

Yahoo!JAPANが提供する生活に密着した地域情報サービスです。

以前Yahoo!JAPANが提供していたYahoo!JAPANクーポン・電話帳・マチモバ・グルメ・地域情報・道路交通情報・地図の7つの集合体と考えてもらってかまいません。

調べ物をするときに別々で検索をかけて情報を探していましたが、それがYaho!ロコでは密接な関係にある各情報サービスを一本化する事でスムーズに探しやすくなったということです。

 

LINEat_logo

■LINE@とは

現在携帯キャリアのメールに代わりほとんどの人がLINEを日常で利用していることでしょう。

LINEは1対1に特化したサービス(グループも可)でプライベート用に対し

LINE@は多数の人へ情報を発信するビジネス用サービスといったところですね。

LINE@専用のホームページが持て、メルマガやクーポン配信、ショップカードやアンケートの投票機能などもあります。

またLINEと同じように1対1のトークや、タイムライン投稿などもできます。

 

 

google-rogo

■Googleマイビジネスとは

Googleが提供していたGoogleプレイス・+ページ・ローカルページが統合されものです。

Googleサービス上にビジネスや組織などの情報を表示し、管理するためもので、ビジネス情報のオーナー確認を済ませ、情報を最新に保つことで、オンラインでユーザーに見つけてもらい、お客様のビジネスを紹介することができます。

Google 検索や Google マップなど、Google サービス上にビジネス情報を掲載できます。

使い方によっては効率よく会社の情報を発信や、社会的信頼を得ることが出来るのです。

 

 

[参照]

http://gennobox2.bake-neko.net/category1/entry1.html

https://acrea-web.com/lineat/line-lineat/

http://delaymania.com/201502/webservice/line-at/

https://support.google.com/business/answer/3038063?hl=ja

http://l-s.co.jp/indoorview/blog/knowhow/id_14224/

 

 

独自ドメインについて

■独自ドメインの4つのメリット■

d-main-1

 

今回は独自ドメインについてお話します。

独自ドメインとは簡単に説明しますと、サイトのホームページアドレス(住所)のことです。家の住所みたいなものですね。自分専用のURLを取得して使用することができます。

ホームページではhttp://www. ×××××というのをよくみかけると思います。

弊社のホームページアドレスはhttp://townguide.ypr.co.jp/ですが、このtownguide.ypr.co.jpの部分(ドメイン名)をユーザーが自由に決めることができます。

domain_960_720

■独自ドメインとサブドメインの違い■

 

独自ドメインはユーザーが自由に好きなようにできるドメインのことでしたが、サブドメインとはサーバー業者が独自ドメインをもっていて、複数の利用者に提供する場合にドメインの前に「.」で区切った前に文字列を振り分けます。

http://●●●.townguide.ypr.co.jpの●の部分がサブドメインにあたります。

サブドメインはサーバー業者などが無料で提供していていたりします。

 

 

  1. 同じURLでずっと使用できる

無料のサブドメインはレンタルサーバー会社ごとに用意されているのでサーバー会社を変更した場合、URLを引き継ぐことはできません。またサービスが停止した場合など使用できなくなります。新たに取り直すことになります。

独自ドメインを取得していればレンタルサーバー会社を変更してもURLは変わりませんので以前と同じように使用することができますし、以前からの訪問者をのがすことがありませんので1からの集客を逃すことはありませんね。

 

  1. 専用のメールアドレスが使用可能

無料のサブドメインのメールアドレスを使っている場合、サーバー会社を変更後URLと同様に使用できなくなります。独自ドメインを利用であれば同じ専用のアドレスを使うことができます。

 

  1. 検索エンジンで有利にはたらく

独自ドメインの場合、コンテンツは自分のサイトのみのものとなりますが、無料ドメインの同じサービスを利用しているユーザーが同じようなコンテンツを扱っていてなんらかのペナルティを検索サイトから受けた場合、同じように検索表示順位が落ちるという影響がでたりします。せっかくSEO対策をしても足をひっぱられるということも(SEO対策についてはまた別の機会に・・・)また検索サイトGOOGLEでは上位1ページ目には同一のドメインを2つ以上表示させないという制限がありますので同ドメイン名の競合コンテンツに勝たないと上位検索表示には不利になります。

ややこしくなってきましたので要は独自ドメインでは他のドメインの同コンテンツの影響を受けず自分のサイトだけで上位表示が狙えるということですね。

 

  1. 信頼性が高まる

趣味でブログなど書く場合は無料のドメインでもかまわないと思いますが、商用目的で使用する場合は独自ドメイン取得はやはり本気で運営している、取り組んでいると感じさせてくれます。またURLが短くなりますので覚えやすく、印象に残りやすいのも良いですね。

 

少しでもお役にたてたでしょうか?ではこのへんで失礼します。

 

【参考サイト】

 

https://www.kagoya.jp/howto/webhomepage/01/

https://matome.naver.jp/odai/2141033853691909601?page=2

http://viral-community.com/blog/original-free-domain-1618/

4ステップでデザイン性の高いオリジナルホームページを!!

F

以前の記事
「LP(ローカルプレイス)でインターネット集客をする3つのメリット」(http://www.ypr.co.jp/labo/?p=2773)
で、LP(ローカルプレイス)がどのようなツールかをご説明しました。

今回は、LP(ローカルプレイス)をより効果的に利用できる、「ローカルプレイスクリスタルプラン」の一部をご説明します!

ローカルプレイスは、デフォルトのテンプレートを使用するか、既存のテンプレートを設定します。
その為、デフォルトのままだとお店のデザインに合わない…シンプルすぎる…、既存のテンプレートは選べるけど…もっとオリジナリティが欲しい…等の問題や、他店と被らないか…等の不安もありました。

 


 

「ローカルプレイスクリスタルプラン」はココが違う!

 

「ローカルプレイスクリスタルプラン」では、4ステップでデザイン性の高い”オリジナルホームページ”を作成する事が可能になりました。

 

【”オリジナルホームページ”への4STEP】

E

①お申込み
先ずは「ローカルプレイスクリスタルプラン」をお申込み下さい。
お申込みは当社のHP(http://www.ypr.co.jp/lp.html)からもお受けしております。
お申込みを頂いた後、オリコの事前審査を行います。

②キーワード選定
ユーザーの地域に合わせたエリアワード設定依頼を行います。
キーワード選定はSEO対策(GoogleやYahoo!で検索した際に上位に表示されるようにする対策)にとても重要なものです。
ユーザーが求めるもの、そのホームページに多く含まれるキーワード等を目安にキーワードリストを作成し、「地域+キーワード」で検索をした際の検索数(ボリューム)を参考に、キーワードを選定します。
※検索数が多ければ多いほど、作成したページが検索で上位にあがった際の訪問者数も多くなり、より効率的に集客が見込めます。
この作業はすべて外部に依頼できるので、難しい作業にも手間がかからず、お店の強みを理解したホームページの作成が可能になります。

③取材、撮影
キーワード一覧を基に、ヒアリングシートを用いた取材(ホームページのデザインに関する要望等)、写真撮影(ホームページに掲載するもの)を行います。

④専門家(ディレクター)が設計、制作
取材、撮影した内容を基に、要望に沿ったオリジナルホームページの作成を、専門家(ディレクター)に依頼します。
依頼後、4~5週間でオリジナルホームページが完成します。

テンプレートではなく、完全に専門家による設計、制作ですので、デザイン性も優れ、SEO対策も万全。
ユーザーは①お申込み③取材、撮影に応じる、だけで作成できますので、シニアの方や、ネットに不安のある方も安心です。

魅力あるホームページデザイン/ページクオリティは、ネット集客にも必要不可欠だと以前の記事でお伝えしたかと思いますが、
世界で唯一の」「デザイン性に富んだ」ホームページは大きな魅力の1つですね。

D

次回は「ローカルプレイスクリスタルプラン」で設定できる、「独自ドメイン」とその効果についてお伝え致します。

「無料」でお店・会社をPRできる「Googleマイビジネス」に登録する方法②

登録02_01

「スマートフォンはお持ちでしょうか?」

そう聞いて、「持っていない」と言われるかたは年々減っています。

最近は町中でもスマートフォンやタブレットをお持ちのシニアのかたを見かけることが多くなりました。

調べ物は、情報誌などの書籍類を見ることで、しっかりとした情報を知ることができます。

しかし、「ちょっと気になるお店を見つけた」「お店の情報をすぐに知りたい」と思うことはないでしょうか。気になったお店が情報誌などに必ず載っているということはありません。

探せばあるのかもしれませんが、その手間を考えると、やはり簡単に、すぐ知りたい時にはWEBでお店を調べるのが主流になっています。

WEBでお店の名前を検索すると、気軽に、すぐに、お店の情報を見ることができます。

しかし、WEB上にお店の情報が載っていないこともあります。

気になっていたお店の情報を調べたとき、何も情報がなかったらどう感じるでしょうか。

ホームページがきちんとあるお店と、基本情報しか載っていないお店のどちらで買い物をしたいと思うでしょうか。

やはり情報が少ないことは、お客様の不安につながります。

少しでもお客様にお店の情報が伝わるほうが集客には有利だといえます。

お店を調べるお客様は来店する可能性が高いといえます。

なので、お店を調べてくれたお客様を集客する上でも、WEBは欠かせないものといえます。

Googleマイビジネスは無料でWEB上にお店の情報を載せることができ、しかも検索画面から簡単にお店のホームページを見たり、問合せをすることができます。

前回はGoogleアカウントの作成についてご説明しました。

今回は、お店をGoogleマイビジネスに登録する手順を紹介します。

 

Googleマイビジネスに登録しましょう。

まずはGoogleマイビジネスのページにアクセスします。

business_001_2

ビジネス情報を掲載の「ご利用を開始」をクリックし、日本地図の画面で、下記の情報を入力します。

business_002

「ビジネス名」
「国/地域」
「郵便番号」
「都道府県」
「市区郡」
「住所」

「メインの電話番号」
「カテゴリ」

を入力し、登録の「確認コード」の郵送リクエストをして、Googleからの返事を待ちます。

Googleマイビジネスから「確認コード」届いたのち、確認コードをマイビジネスのオーナー確認画面で入力し、「送信」ボタンを押して、Googleマイビジネスの登録作業は完了です。

 

Googleマイビジネスにお店情報を登録しましょう。

 

Googleマイビジネス ページにアクセスし、お店の必要な情報を入力します。

business_001

Googleマイビジネスにログインします。

business_007

「ホーム」(①)をクリックすると上の画面が表示されます。

記載する情報を追加・修正する場合は、「編集」(②)をクリックします。

business_008

「編集」をクリックすると、情報が表示されるので、追加・修正したい情報を入力します。画像の赤で囲ったペンマークをクリックすると、内容を変更することができます。

「電話番号」「営業時間」「特別営業時間」「HPのURL」「住所」「写真」の項目などを登録することができます。

Insightsページを利用しましょう。

 

Googleマイビジネスには、Insightsページというものがあります。

business_009

上の画像の「Insights」から、店舗情報をユーザーが検索したデータなどを見ることができます。

business_0010

さらに、Googleからの「ホームページ閲覧」、「電話問合せの数」、「ルートの検索数」「写真の閲覧数」など様々なデータを見ることができます。

データを元に店舗情報を修正・追加することで、効果を検証することができます。

 

このようにデータを、お客様にとってどういった情報が足りないか、情報を追加してどう変わったかなどをデータとして見て検証することで、次にどのような対策をすれば効果的か模索することができます。

今はWEBを使った集客方法もたくさんあるので、無料で得られるこれらのデータは、効果的なWEB集客を判断する材料に使うこともできます。