» Googleマイビジネス

3つの要素を理解して、ローカル検索結果でWEB集客をする

来店型3

今回は、来店型店舗のかたに、ぜひWEB集客の方法として活用していただきたい「Googleのローカル検索結果」についてご紹介したいと思います。

▶来店型店舗にとって重要な「ローカル検索結果」

街なかで近くのお店を調べたり、目的地のお店を調べたりする時に「地域+業種」で検索したことはありませんか。

それを「ローカル検索」といいます。

Googleのローカル検索結果には、検索キーワードからユーザーの求めているお店や施設が表示されます。

ローカル検索結果

Googleでは、ローカル検索を行った場合、検索結果として何店舗かがTOPページに表示されます。

「出先で髪を切りたい」
「お昼に美味しいランチを予約したい」

など、スマートフォンの普及率が上がるにつれて、お客様も外出中にお店を検索されることが増えており、また、スマートフォンなどからWEBサイトにアクセスされる機会も年々増加の傾向にあります。

ホームページからの集客を考える上でも、今後、ローカル検索結果を活用することが重要になってきます。

スマートフォンで検索する際は、同時に地図などのアプリを使ったりと、来店を考えられているお客様が多いと思います。

特に問合せは、シニアのかたでも簡単に、ダイヤルせずにタップするだけで電話をかけられるので、問合せをするハードルも低くなります。

このようなことから、ホームページなど、WEB上からの集客するためには、店舗情報がローカル検索結果に表示されるように、または掲載順位をあげるためにGoogleマイビジネスを活用することが大切といえます。

▶ローカル検索結果の評価基準、3つの要素

ローカル検索順位を上げるには重要な3つの要素があります。

それが、

①【関連性】②【距離】③【知名度】です。

①【関連性】の評価
「マイビジネスに登録されている店舗情報」が、「検索キーワード」にどのくらい関連性があるかを評価します。

②【距離】の評価
「検索キーワード」と「店舗の登録住所」を評価します。
※検索キーワードに「地名」が含まれる場合は、その地名での検索結果が表示されます。

③【知名度】の評価
有名なブランドや公共施設など、多くの人が知っている店舗や施設は評価されやすい傾向があります。
これらの要素はGoogleマイビジネスに登録した情報から評価されます。

これらの要素を意識し、充実した最新の店舗情報の掲載がローカルSEO施策につながるといえます。

▶ローカルSEO施策をすることでWEB集客につなげる

ローカル検索結果は、検索語句との関連性が高いものが優先的に表示されます。

例え、遠い場所にあるお店だとしても、Googleのアルゴリズムに基づき、関連性なども考慮された上で、検索内容に一致していると判断されれば、上位に表示される可能性もあります。

ビジネス情報の内容が充実しているほど、検索語句と一致しやすくなります。なので、必ずすべてのビジネス情報を Google マイビジネスに登録することをおすすめします。

Googleマイビジネスの無料ウェブサイトで集客!

top

Googleマイビジネスで、シンプルなウェブサイトが無料で作成できるサービスが開始されました。
案内ページによると、所要時間は10分ほどで、簡単な3つのステップで設定が出来、パソコンやスマートフォンでいつでもサイトの作成、編集が出来るそうです。
今まで、ホームページが欲しくても時間や予算がなくて作成されていない方などは、集客にも役立ちます。
また、パソコンに詳しくないシニアの方でも頑張ればできるかもしれません。

ダッシュボード画面

ダッシュボード画面

簡単な3 つのステップ

作成

普通にサイトを作成する場合、これを1ステップにしたらアカンやろとツッコムところですが、このサービスでは、Googleリスティングに入力した情報より、サイトが自動的に作られるそうです。

編集

サイトのテキスト、写真、デザインテーマの変更等をします。
これが出来ないと、ウェブサイトを作りましたとは言いにくです。

公開

最後はドメインを選択して、作成したウェブサイトを公開するだけ!

ウェブサイト作成の最初の画面

ウェブサイト作成の最初の画面

メリット

設定がとても簡単。集客にも役立ちます。

モバイルに対応

ウェブサイトはレスポンシブデザインなので、PC、タブレット、スマートフォンで適切なサイズで表示されます。

カスタムドメイン

独自ドメインを取得し、使用することが出来ます。
Googleで紹介されているサービス3つのうち、「GoDaddy」のみ日本語対応です。
また、紹介されていないドメイン取得サービスでも「リダイレクト」の設定が出来れば使用可能。
※リダイレクト設定が出来ない場合、使用できない可能性もあるので注意!

自動更新

Googleリスティングの情報が自動的に反映、常に最新の情報を発信。

外出先でも情報を管理

PCだけでなくスマートフォンからでも作成と管理が可能。

通話件数と訪問数を増やす

Googleマップ上にビジネスの所在地、電話番号が表示される。

デメリット

今のところ1ページだけの構成で、複雑な設定は出来ないようです。
ですので、現在ウェブサイトを作る予算やスキル、時間の無い方や、とりあえずウェブサイトを持っておこうとお考えの方向けといったところです。

今回はGoogleマイビジネスで無料で作成できるウェブサイトの紹介をしましたが、あまりGoogleマイビジネスであまり利用しないサービスや新しいサービスの紹介をしていきます。

保有率70%以上のスマホから、WEB集客をするGoogleマイビジネス

来店型1

WEB集客はされていますでしょうか。

ポータルサイトへの情報掲載やホームページ、SNSなど、様々なWEBでの集客方法がありますが、今回は「無料」で、しかも「来客型の店舗」様向けのWEB集客「Googleマイビジネス」についてご紹介したいと思います。

 

「Googleマイビジネス」は、来客型の個人店舗にとって特に重要です。

Googleマイビジネスには、大きな特徴があります。それは、スマホで見る「地図」であるGoogleMapと密接につながっていることです。

だから無料でも集客に繋げやすいPR方法といえます。

 

「地図」と「マイビジネス」が来客につながる仕組み

地図はどういう時に使いますか。

周辺のコンビニや飲食店を探すとき、シニアの方であれば地図のアプリに「病院」といれるだけで、近くの病院の情報が表示されます。

はじめてお店に行くときには、地図が必要です。大抵のお客様は来店する前に、お店までのアクセスを調べます。

今では、スマホでGoogleマップを開いて、カーナビ感覚で、行きたい場所やお店の名前を入れるだけでお店に行けるようになり、本当に便利な時代になりました。

来店を考えておられるお客様にとって、地図の情報は重要です。

だからこそ多くの方が利用している地図アプリと連携しているGoogleマイビジネスに情報を載せることが集客につながるといえます。

地図はお客様を集客するための導線と考えることが大切です。

 

登録されているか確認しましょう。

あなたのお店はGoogleマップで検索して出てきますか?

その簡単な確認方法ですが、まずお店の名前を検索します。 すると、次のような画面がでてきます。

オーナー?

この場所にビジネスオーナーですか?と表示されていれば、Googleマイビジネスには登録されていないことを示しています。

Googleマップに表示させたい場合は、お店(会社)の情報をGoogleマイビジネスに登録すればOKです。

登録方法は記事でご紹介していますので、登録がまだの場合はぜひご覧ください。

 

次回はGoogleマイビジネスに関係しているローカル検索についてご紹介します。

 

「無料」でお店・会社をPRできる「Googleマイビジネス」に登録する方法②

登録02_01

「スマートフォンはお持ちでしょうか?」

そう聞いて、「持っていない」と言われるかたは年々減っています。

最近は町中でもスマートフォンやタブレットをお持ちのシニアのかたを見かけることが多くなりました。

調べ物は、情報誌などの書籍類を見ることで、しっかりとした情報を知ることができます。

しかし、「ちょっと気になるお店を見つけた」「お店の情報をすぐに知りたい」と思うことはないでしょうか。気になったお店が情報誌などに必ず載っているということはありません。

探せばあるのかもしれませんが、その手間を考えると、やはり簡単に、すぐ知りたい時にはWEBでお店を調べるのが主流になっています。

WEBでお店の名前を検索すると、気軽に、すぐに、お店の情報を見ることができます。

しかし、WEB上にお店の情報が載っていないこともあります。

気になっていたお店の情報を調べたとき、何も情報がなかったらどう感じるでしょうか。

ホームページがきちんとあるお店と、基本情報しか載っていないお店のどちらで買い物をしたいと思うでしょうか。

やはり情報が少ないことは、お客様の不安につながります。

少しでもお客様にお店の情報が伝わるほうが集客には有利だといえます。

お店を調べるお客様は来店する可能性が高いといえます。

なので、お店を調べてくれたお客様を集客する上でも、WEBは欠かせないものといえます。

Googleマイビジネスは無料でWEB上にお店の情報を載せることができ、しかも検索画面から簡単にお店のホームページを見たり、問合せをすることができます。

前回はGoogleアカウントの作成についてご説明しました。

今回は、お店をGoogleマイビジネスに登録する手順を紹介します。

 

Googleマイビジネスに登録しましょう。

まずはGoogleマイビジネスのページにアクセスします。

business_001_2

ビジネス情報を掲載の「ご利用を開始」をクリックし、日本地図の画面で、下記の情報を入力します。

business_002

「ビジネス名」
「国/地域」
「郵便番号」
「都道府県」
「市区郡」
「住所」

「メインの電話番号」
「カテゴリ」

を入力し、登録の「確認コード」の郵送リクエストをして、Googleからの返事を待ちます。

Googleマイビジネスから「確認コード」届いたのち、確認コードをマイビジネスのオーナー確認画面で入力し、「送信」ボタンを押して、Googleマイビジネスの登録作業は完了です。

 

Googleマイビジネスにお店情報を登録しましょう。

 

Googleマイビジネス ページにアクセスし、お店の必要な情報を入力します。

business_001

Googleマイビジネスにログインします。

business_007

「ホーム」(①)をクリックすると上の画面が表示されます。

記載する情報を追加・修正する場合は、「編集」(②)をクリックします。

business_008

「編集」をクリックすると、情報が表示されるので、追加・修正したい情報を入力します。画像の赤で囲ったペンマークをクリックすると、内容を変更することができます。

「電話番号」「営業時間」「特別営業時間」「HPのURL」「住所」「写真」の項目などを登録することができます。

Insightsページを利用しましょう。

 

Googleマイビジネスには、Insightsページというものがあります。

business_009

上の画像の「Insights」から、店舗情報をユーザーが検索したデータなどを見ることができます。

business_0010

さらに、Googleからの「ホームページ閲覧」、「電話問合せの数」、「ルートの検索数」「写真の閲覧数」など様々なデータを見ることができます。

データを元に店舗情報を修正・追加することで、効果を検証することができます。

 

このようにデータを、お客様にとってどういった情報が足りないか、情報を追加してどう変わったかなどをデータとして見て検証することで、次にどのような対策をすれば効果的か模索することができます。

今はWEBを使った集客方法もたくさんあるので、無料で得られるこれらのデータは、効果的なWEB集客を判断する材料に使うこともできます。

「1つでお店情報を管理できるGoogleマイビジネスとは?①」

アイキャッチ1

「自分の店の集客アップに悩んでいる」

「お店のホームページを持ってみたいけど、更新や操作が面倒そう」

と考えている方、いらっしゃいませんか?

そんな方にオススメなのが、Googleの検索機能に自分のお店の情報を追加する、「Googleマイビジネス」です。

「Googleマイビジネス」ってなに?

Google検索やGoogleマップ、GoogleプレイスとGoogle+に表示される情報を、一括管理することのできる無料ダッシュボードシステム(※1)のことです。

もとは、Googleプレイス、Google+ローカルページ、Google+ページというサービスがあったのですが、これらを統合し、新しい機能を追加したサービスが「Googleマイビジネス」になります。

 

※1:ダッシュボードシステムって?

複数の情報源からデータを集め、概要をまとめて一覧表示する機能や画面、ソフトウェアのことをいいます。このシステムがあるおかげで、複数のページの情報を1ヶ所で管理できるようになります。

 

言葉だけでは少々わかりづらいですね。

実際に見てみましょう。

 

例として、弊社の名前をGoogleの検索画面に入力します。

Google検索トリミング

これで検索をかけると・・・・・・

吉田地図PRセンター検索-

検索結果の画面が出てきました。

この右側に表示されている部分をアップで見てみましょう。

 

ローカルページ

会社名のほかに、住所、電話番号、営業時間など書かれています。

これが、ローカルページと呼ばれる、「Googleマイビジネス」のサービスのひとつです。

お店や会社がある場所にGoogleが勝手に作ってくれるページになります。

開業してからそれなりに時間が経っていればマップ上にほぼ存在しているはずですが、見当たらない場合、お店や会社側で「Googleマイビジネス」に無料登録し、作ることもできます。

 

このローカルページは「お店(会社)の名前」をGoogleで検索すると必ず出てくるものです。

みなさんのよく目にする場所に、お店や会社の電話番号や営業時間が出てくることで、パソコンの操作に慣れていないシニア世代の方でも、簡単にお店の情報を見つけることができます。

 

次回はこのローカルページのほかに、「Googleマイビジネス」でできることについてお話します。

 

 

「無料」でお店・会社をPRできる「Googleマイビジネス」に登録する方法①

登録_01

「新規客をWEBで集客したい」
「WEBでもお店を知ってもらいたい」
「無料でお店をアピールしたい」

と、思っている方にオススメしたいのが「Googleマイビジネス」です。
もし、少しでもWEB集客を考えておられるならば、登録しておいて損はありません。
何より無料で利用できるので、まずはWEB集客の第一歩として考えてもいいかもしれません。

Googleマイビジネスに登録すると、Googleの検索結果から、お店の「所在地」「営業時間」「定休日」「電話番号」がひと目で分かるようになります。

お店を検索をすれば、検索画面からお店の情報を知ってもらうことができる上、そのまま電話してもらえる可能性もあります。

特にお店に来店しようと考える方や、地域のシニアの方にとって、特に知りたい情報はお店の「所在地の情報」や「電話番号」です。

「家から近い」「問合せ先」がすぐに分かることは来店するときの不安を消すことができ、実際の来店につなぐことができます。

ここでは、その無料でお店をPRできるGoogleマイビジネスの登録・Googleアカウント作成の手順を紹介します。

一回目の今回は、「Googleマイビジネス」の登録に必要になるGoogleアカウントの作成方法をご説明します。

 

1.まずは、Googleのアカウントを取得しましょう。

Googleマイビジネスを利用するには、Googleのアカウントが必要です。
まずはGoogleのログイン画面で、Googleのアカウントを作成します。

account1_001

Googleログイン画面で、「アカウントの作成」をクリックします。

account2_002ここで、アカウント作成に必要な情報を順に入力していきます。
入力は、以下の項目です。

「名前」
「ユーザー名」
「パスワード」
「生年月日」
「性別」
「携帯電話」
「現在のメールアドレス」
「国/地域」

まず「名前」、メールアドレスに使う「ユーザー名」、アカウントを使うのに必要な「パスワード」を入力します。
※「ユーザー名」は他の人が使っていないものしか使用できません。また、アカウント収得後は変更ができませんのでご注意ください。

あとは、「生年月日」「性別」「携帯電話」「現在のメールアドレス」「国/地域」を入力して「次のステップ」をクリックすると、利用規約の画面が出ますので、確認したのち同意します。

account_03
アカウントの確認が必要なので、確認コードの受取り先を指定し、「次へ」をクリックします。
account_04
Googleから受け取った確認コードを入力し、「次へ」をクリックします。
account_05

これでGoogleアカウントの作成は完了です。

次回は、このGoogleアカウントを使った、「Googleマイビジネス」の登録する方法をお伝えします。