» 2015年02月

アメーバブログにGoogleアナリティクストラッキングコードを設置する方法

アメーバブログを利用している方は多いのではないでしょうか。
無料で利用できますし、アメーバピグなどのサービスが有るので利用している方は多いと思います。

実はアメーバブログでもGoogleアナリティクスを使ってアクセス解析が出来るんです!
アメーバブログでは前回の記事で紹介した</head>の前にトラッキングコードを貼るという方法は無理です。それは</head>の部分を編集することができないようになってるからです。

そのためフリープラグインというのを使ってトラッキングコードを設置します。方法は簡単です。

Googleアナリティクスのトラッキングコードをコピーしましょう

Googleアナリティクス使うには、トラッキングコードが必要です。
ですので、まずはGoogleアナリティクスからトラッキングコードをコピーしましょう。

Googleアナリティクスのページを開き、右上の「ログイン」を押してください。
Googleアナリティクスのアカウントをお持ちでない方は、Googleアナリティクスのアカウントを作成しましょうを参考にしてください。
Google アナリティクス公式サイト - ウェブ解析とレポート機能 – Google アナリティクス (3)
次に「アナリティクス設定」→「トラッキング情報」→「トラッキングコード」の順にクリックしてください。
Google Analytics (13)
そうすると、トラッキングコードが表示されるので、コピーしてください。
Googleアナリティクスのアカウントを作成しましょう   YPR ラボ (4)これでトラッキングコードをコピーすることができました。
続いて、アメーバブログの設定方法について説明します!

アメーバブログにトラッキングコードを設置する方法

アメーバブログのマイページにある「管理トップ」を開き、下の画像の赤く囲った「設定・管理」をクリックします。
アメーバブログにGoogleアナリティクストラッキングコードを設置する方法   YPR ラボ (1)
「設定・管理」をクリックしたら、次に「プラグインの追加」をクリックしてください。
設定・管理|Ameba  アメーバ  (2)
次に「フリープラグイン」をクリックします。
プラグインの追加|Ameba  アメーバ
赤く囲ったところに先ほどコピーしたトラッキングコードを貼り付けて「保存」をクリックします。
プラグインの追加|Ameba  アメーバ  (3)
保存できたら次に「設定・管理」にもどって「配置設定」をクリックします。

設定・管理|Ameba  アメーバ  (3)「フリープラグイン」が「使用しない機能」にあるので「使用する機能」に移動させます(フリープラグインをクリックしたまま「使用する機能」に運ぶます)
「フリープラグイン」を「使用する機能」に移動させたら、「保存」をクリックしてください。
サイドバーの配置設定|Ameba  アメーバ  (4)
これでアメーバブログにトラッキングコードを設置することが出来ました。
設置後は、早ければ数時間、遅くても24時間ほどでGoogleアナリティクスのレポート画面でのデータ確認が可能になります。

 

 

 

トラッキングコードを貼りましょう

Googleアナリティクスを使うためには、トラッキングコードを解析したいページに貼る必要があります。
トラッキングコードがどこにあるのかは前回の記事で説明しました。
前回の記事の手順を参考にしながら、トラッキンコードのページを表示してください。トラッキングコードのページを表示したら

Googleアナリティクスのアカウントを作成しましょう   YPR ラボ (4)上記の画像の赤く囲ったところをコピーしてください。

トラッキンコードを解析したいホームページに貼りましょう。

トラッキングコードを貼り付ける場所は、HTML内にある</head>タグの上です。
コピーしたトラッキングコードを</head>タグ上に貼りましょう。
view-source townguide.ypr.co.jp c260712010000
トラッキングコードはホームページの中で調べたい全てのページに貼る必要があります。
ですからホームページのページ数が数ページならばまだしも、たくさんあるならば、この貼り付ける作業が少々手間かもしれません。

トラッキングコード貼り付け後、早ければ数時間、遅くても24時間ほどでGoogleアナリティクスのレポート画面でのデータの確認が可能になります。

トラッキングコードが正常に機能しているかどうかの確認

ちゃんと機能してるかどうかの確認は、Googleアナリティクスにログインし、「アナリティクス設定」をクリックし「プロパティ」の欄の「トラッキング情報」→「トラッキングコード」の順にクリックしてください(トラッキングコードを取得するときの手順と同じです)

Google Analytics (13)

以下の画像のように「ステータス:データを受信しています」と表示されていたら、正常に機能してます。

Google Analytics (15)

Googleアナリティクスのトラッキングコードについて

Googleアナリティクスを利用する際にトラッキングコードを分析したいページに貼る必要があります。
トラッキングコードを貼ることによってホームページの訪問者のデータを取得することが出来ます。

トラッキングコードって何だろう?

普段生活している中で聞くことはないであろうトラッキングコードについて説明します。
どんなコードって思う方もおられるとおもいますが、トラッキングとはwebサイトの利用者の行動を記録・追跡するということです。
つまりトラッキングコードはwebサイトに訪れた人の行動を記録してれるコードというわけですね。

Googleアナリティクスの場合、解析したいホームページにトラッキングコードを貼ることによって、訪れた人がどこからきたのか、パソコンを使ってきたのかスマートフォンを使ってきたのかなどの情報をトラッキングコードから追跡できるようになっています。

トラッキングコードってどこにあるの?

前回の記事のGoogleアナリティクスのアカウントを作成しましょうの取得する手順通りにしてトラッキングコードを取得したけど、画面を閉じてしまってトラッキングコードがどこにあるのかわからなくなった!という方もご安心ください。
このコードはアカウント取得後いつでも取得できます。
トラッキングコードの場所は以下の通りです。


Google Analytics (11)

Googleアナリティクスにログインした状態から、上記の画像の「アナリティクスク設定」をクリックします。

Google Analytics (13)続いて「プロパティ」、「トラッキング情報」、「トラッキングコード」の順にクリックします。

Googleアナリティクスのアカウントを作成しましょう   YPR ラボ (4)これでトラッキングコードが表示されました。
このコードは繰り返し表示でき、何度でもコピーしてサイトやブログに貼ることが出来ます。

トラッキングコードの貼り方は次のページで書きたいと思います。

 

アクセス解析について

とりあえずホームページを作ったけれど全然効果がない、ホームページに人が来てくれないという悩みを抱えていませんか?

ホームページを作成したからには当然たくさんの人に見てもらいたい、知ってもらいたいという気持ちがあると思います。

そんな時に役立つのがアクセス解析です!

アクセス解析はホームページを訪れた全ての人の行動を数字・データで教えてくれます。
例えばホームページを訪れた数はもちろんのこと、人気のあるページや人気のないページ、ホームページを訪れた人がどのようにして来たのか、パソコンを使ってきたのかスマートフォンを使ってきたのかなど、アクセス解析をすることによってわかります。

アクセス解析はサイト改善に役立ちます!

このようにアクセス解析は、ホームページを訪れた人の行動を全て数字・データで教えてくれます。
しかしアクセス解析はそういうデータを教えてくれますが、サイト全てを改善してくれるわけではありません。
サイトを改善するのはあくまでもサイト管理者であり、アクセス解析は改善に必要な情報を提供してくれるだけなのです。
ですからサイト管理者はアクセス解析から得られた情報をもとに、よりアクセスが増えるサイトであったり、売上の上がるサイトへと改善していきましょう。

Googleアナリティクスを利用しましょう。

アクセス解析って沢山あるし何を使えばよいのか分からないという方も多いと思います。
ズバリ私がオススメするのがGoogleアナリティクスです。
Googleアナリティクスは非常に高機能!なのに無料で利用できます。
他のアクセス解析サービスですと、解析するホームページ上に広告が表示されることがあるのですが、Googleアナリティクスでは広告が表示されることはありません。

以上の点を踏まえてGoogleアナリティクスをオススメします。

Googleアナリティクスのアカウントを作成しましょう

Googleアカウントを取得しましたら、Googleアナリティクスのアカウントを作成しましょう


 

Googleアナリティクスのアカウント作成方法!

1.検索サイトで「Googleアナリティクス」と検索してください。
 そうすると以下のページにでますので右上の「アカウント作成」をクリックしてください。

Google アナリティクス公式サイト - ウェブ解析とレポート機能 – Google アナリティクス (2)

2.Googleアカウントでログインします。
ユーザー名とパズワードを書いてログインしてください。

Google アナリティクス

3.申し込みをクリックしてください

Google Analytics (1)

4.ホームページの情報を入れていきます。赤で囲った所を記入しましょう。

Google Analytics (6)
以下は赤で囲った所の語句説明です。
・アカウント名:Googleアナリティクスを使用する際の名前を設定します。
・ウェブサイト名:分析したいサイト名(サイトタイトル)を入力します。
・ウェブサイトのURL:解析したいサイトのトップページのURLを入力します。
※以上の項目はGoogleアナリティクスの設定画面で変更など出来ます。

Google Analytics (5)以下は赤で囲った所の語句説明です。
・業種:サイトの業種に適切なものを選択してください。
(例:美容院ならば美容、フィットネスを選びます。)
・レポートタイムゾーン:日本にします。
・データ共有設定:作成するアナリティクスのアカウントで得た解析情報をGoogleと共有するかどうか設定するものです。チェックしておいたままでも問題ありません。

Google Analytics (7)全て記入できましたら、一番下の「トラッキングコード取得」をクリックしてください。

5.以下の画面が出たらGoogleアナリティクスのアカウント作成は完了です。
Googleアナリティクスのアカウントを作成しましょう   YPR ラボ

この表示されたトラッキングコードをアクセス解析したいページに貼ることによって、データを収集することが出来ます。トラッキングコードの説明、どこに貼ればよいのかは別ページで解説したいと思います。

以上が大まかではありますが、Googleアナリティクスのアカウント作成方法でした。

Googleアカウントを取得しましょう

Googleアナリティクスを使用するには、Googleアカウントが必要です。

まだGoogleアカウントをお持ちでない方は作りましょう。作り方はとても簡単です。

Googleアカウントの作り方!

1.検索サイトで「Googleアカウント作成」と検索

2.するとこのような画面が出ます。赤で囲ったところを記入しましょう。

Google アカウントの作成 (2)Google アカウントの作成 (3)以下は赤で囲った所の入力項目の説明です。

名前:名前を入力してください

ユーザー名を選択:こちらは何入れても自由です(誰かが既に使っているもの以外)
 ユーザー名はメールアドレスの「@」よりも左のものにも設定されます(例:aaaaa    @gmail.comのaaaaaの部分)

パスワード作成:なるべくわかにくいものにしましょう。(不正ログインを防ぐため)

携帯番号:こちらは入力必須項目ではありませんが、パスワードやユーザー名を忘れた際に確認事項として使いますので、記入しましょう。

現在のメールアドレス:こちらも入力必須項目ではありませんが、パスワードやユーザー名を忘れた際に確認事項として使いますので、記入しましょう。

認証のための単語入力:画像の文字を入力しましょう。

:日本にしましょう。

3.すべて記入し終えたら、一番下の「次のステップ」をクリックしましょう。すると、Google アカウント

このような画面が出ます(個人情報のところはぼかしました)。これでGoogleアカウント取得することが出来ました。

Googleアナリティクスでできること

a0001_001906

先ほどの記事に書いた通り、Googleアナリティクスというのはアクセス解析ツールです。

では実際にGoogleアナリティクスを使ってどんなことができるのでしょうか?以下に挙げてみました。

Googleアナリティクスで分析できること!

・訪問数(ホームページにどれくらい訪れたか)

・ページビュー数(そのページを見たアクセス数)

・平均滞在時間(ホームページを見ている平均時間)

・直帰率(ホームページに訪れ最初の1ページのみ見て、ホームページから離れた割合)

・離脱率(ホームページに訪れ複数ページを見た後で、最後に閲覧したページの割合)

・モバイル訪問者の環境(pc・モバイル)

・モバイル訪問者のサイト内の遷移(ホームページに訪れた人がサイト内でどこを見たか)

・訪問者がどういう経路でホームページに訪れたか

など知ることができます。これらのことを分析することであなたのホームページの強みであったり、改善点がわかるようになります。

Google Analytics(グーグル アナリティクス)について

a0002_012009GoogleアナリティクスとはGoogleが提供するアクセス解析ツールです。基本的には無料で利用することができます。


そもそもアクセス解析って何!?

アクセス解析とはホームページに訪れた人の数や、どこを経由してホームページに訪れたかがわかるものです。またどのページが人気があって人気がないかデータからわかります。Googleはこのアクセス解析をGoogleアナリティクスという名前で無料で提供しています。


次にGoogleアナリティクスができた経緯について説明します。Googleは2005年にUrchin(アーチン)社というアクセス解析ツールを作っていた会社を買収しました。このUrchin(アーチン)社のアクセス解析は非常に高機能でしたが、利用料が非常に高くライセンス費用で80万円、年間保守費用が16万かかったと言われています。これを元にして後の無料のGoogleアナリティクスが登場することになったのです。

なぜこのような高額な費用が掛かったアクセス解析をGoogleアナリティクスでは無料で使えるようになったのでしょうか?このことをGoogle社に直接聞いてみたところ答えは・・・・

『良いサイトを増やすため』

ということです。さすがはGoogleという感じですね。

ホームページ運営者がアクセス解析をする→訪問者にとって良いサイトが増える→良いサイトが増えるということは、Googleの検索結果が正しくなる→そしてユーザーに愛される検索サイトになる→本業の広告収入が増えるという形です。先を見越した先行投資をGoogleはしたということですね。

なので無料ですが非常に高機能なので、アクセス解析をするならばGoogleアナリティクスを導入することをお勧めします。

初投稿です

はじめまして!今日からGoogleアナリティクスについて解説していきます、㈱吉田地図PRセンターの北山と申します!
北山2まず当社の事を簡単に説明させて頂きます。
当社は京都市山科区に本社があり、関西圏を中心に「タウンガイド」という電話情報誌を発行させて頂いています。

タウンガイドには地元の病院や美容室など様々な分野の業種が載っており、幅広い年代の方に支持して頂いております。

またそのほかにもHP作成や最近ではGoogleインドアビューというサービスも始めました。

次に私(北山 佳佑)の自己紹介をさせて頂きますと、1990年生まれの入社2年目です!

これからGoogleアナリティクスについて初心者の方にも分かりやすいように解説していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。