» 2017年05月

大手ポータルサイトとの連携

lp-rogo+3

今回はメガキャリアとの連携です

ローカルプレイスは日本が誇る3大メガキャリアとの連携が行えます。

Yaho!ロコ・LINE@・Googleマイビジネス

ローカルプレイスはこの3つのキャリアへの露出を高めユーザーの集客を促します。

 

ではそれぞれの特徴を簡単に説明します。

y-rogo

■Yaho!ロコとは

Yahoo!JAPANが提供する生活に密着した地域情報サービスです。

以前Yahoo!JAPANが提供していたYahoo!JAPANクーポン・電話帳・マチモバ・グルメ・地域情報・道路交通情報・地図の7つの集合体と考えてもらってかまいません。

調べ物をするときに別々で検索をかけて情報を探していましたが、それがYaho!ロコでは密接な関係にある各情報サービスを一本化する事でスムーズに探しやすくなったということです。

 

LINEat_logo

■LINE@とは

現在携帯キャリアのメールに代わりほとんどの人がLINEを日常で利用していることでしょう。

LINEは1対1に特化したサービス(グループも可)でプライベート用に対し

LINE@は多数の人へ情報を発信するビジネス用サービスといったところですね。

LINE@専用のホームページが持て、メルマガやクーポン配信、ショップカードやアンケートの投票機能などもあります。

またLINEと同じように1対1のトークや、タイムライン投稿などもできます。

 

 

google-rogo

■Googleマイビジネスとは

Googleが提供していたGoogleプレイス・+ページ・ローカルページが統合されものです。

Googleサービス上にビジネスや組織などの情報を表示し、管理するためもので、ビジネス情報のオーナー確認を済ませ、情報を最新に保つことで、オンラインでユーザーに見つけてもらい、お客様のビジネスを紹介することができます。

Google 検索や Google マップなど、Google サービス上にビジネス情報を掲載できます。

使い方によっては効率よく会社の情報を発信や、社会的信頼を得ることが出来るのです。

 

 

[参照]

http://gennobox2.bake-neko.net/category1/entry1.html

https://acrea-web.com/lineat/line-lineat/

http://delaymania.com/201502/webservice/line-at/

https://support.google.com/business/answer/3038063?hl=ja

http://l-s.co.jp/indoorview/blog/knowhow/id_14224/

 

 

独自ドメインについて

■独自ドメインの4つのメリット■

d-main-1

 

今回は独自ドメインについてお話します。

独自ドメインとは簡単に説明しますと、サイトのホームページアドレス(住所)のことです。家の住所みたいなものですね。自分専用のURLを取得して使用することができます。

ホームページではhttp://www. ×××××というのをよくみかけると思います。

弊社のホームページアドレスはhttp://townguide.ypr.co.jp/ですが、このtownguide.ypr.co.jpの部分(ドメイン名)をユーザーが自由に決めることができます。

domain_960_720

■独自ドメインとサブドメインの違い■

 

独自ドメインはユーザーが自由に好きなようにできるドメインのことでしたが、サブドメインとはサーバー業者が独自ドメインをもっていて、複数の利用者に提供する場合にドメインの前に「.」で区切った前に文字列を振り分けます。

http://●●●.townguide.ypr.co.jpの●の部分がサブドメインにあたります。

サブドメインはサーバー業者などが無料で提供していていたりします。

 

 

  1. 同じURLでずっと使用できる

無料のサブドメインはレンタルサーバー会社ごとに用意されているのでサーバー会社を変更した場合、URLを引き継ぐことはできません。またサービスが停止した場合など使用できなくなります。新たに取り直すことになります。

独自ドメインを取得していればレンタルサーバー会社を変更してもURLは変わりませんので以前と同じように使用することができますし、以前からの訪問者をのがすことがありませんので1からの集客を逃すことはありませんね。

 

  1. 専用のメールアドレスが使用可能

無料のサブドメインのメールアドレスを使っている場合、サーバー会社を変更後URLと同様に使用できなくなります。独自ドメインを利用であれば同じ専用のアドレスを使うことができます。

 

  1. 検索エンジンで有利にはたらく

独自ドメインの場合、コンテンツは自分のサイトのみのものとなりますが、無料ドメインの同じサービスを利用しているユーザーが同じようなコンテンツを扱っていてなんらかのペナルティを検索サイトから受けた場合、同じように検索表示順位が落ちるという影響がでたりします。せっかくSEO対策をしても足をひっぱられるということも(SEO対策についてはまた別の機会に・・・)また検索サイトGOOGLEでは上位1ページ目には同一のドメインを2つ以上表示させないという制限がありますので同ドメイン名の競合コンテンツに勝たないと上位検索表示には不利になります。

ややこしくなってきましたので要は独自ドメインでは他のドメインの同コンテンツの影響を受けず自分のサイトだけで上位表示が狙えるということですね。

 

  1. 信頼性が高まる

趣味でブログなど書く場合は無料のドメインでもかまわないと思いますが、商用目的で使用する場合は独自ドメイン取得はやはり本気で運営している、取り組んでいると感じさせてくれます。またURLが短くなりますので覚えやすく、印象に残りやすいのも良いですね。

 

少しでもお役にたてたでしょうか?ではこのへんで失礼します。

 

【参考サイト】

 

https://www.kagoya.jp/howto/webhomepage/01/

https://matome.naver.jp/odai/2141033853691909601?page=2

http://viral-community.com/blog/original-free-domain-1618/

4ステップでデザイン性の高いオリジナルホームページを!!

F

以前の記事
「LP(ローカルプレイス)でインターネット集客をする3つのメリット」(http://www.ypr.co.jp/labo/?p=2773)
で、LP(ローカルプレイス)がどのようなツールかをご説明しました。

今回は、LP(ローカルプレイス)をより効果的に利用できる、「ローカルプレイスクリスタルプラン」の一部をご説明します!

ローカルプレイスは、デフォルトのテンプレートを使用するか、既存のテンプレートを設定します。
その為、デフォルトのままだとお店のデザインに合わない…シンプルすぎる…、既存のテンプレートは選べるけど…もっとオリジナリティが欲しい…等の問題や、他店と被らないか…等の不安もありました。

 


 

「ローカルプレイスクリスタルプラン」はココが違う!

 

「ローカルプレイスクリスタルプラン」では、4ステップでデザイン性の高い”オリジナルホームページ”を作成する事が可能になりました。

 

【”オリジナルホームページ”への4STEP】

E

①お申込み
先ずは「ローカルプレイスクリスタルプラン」をお申込み下さい。
お申込みは当社のHP(http://www.ypr.co.jp/lp.html)からもお受けしております。
お申込みを頂いた後、オリコの事前審査を行います。

②キーワード選定
ユーザーの地域に合わせたエリアワード設定依頼を行います。
キーワード選定はSEO対策(GoogleやYahoo!で検索した際に上位に表示されるようにする対策)にとても重要なものです。
ユーザーが求めるもの、そのホームページに多く含まれるキーワード等を目安にキーワードリストを作成し、「地域+キーワード」で検索をした際の検索数(ボリューム)を参考に、キーワードを選定します。
※検索数が多ければ多いほど、作成したページが検索で上位にあがった際の訪問者数も多くなり、より効率的に集客が見込めます。
この作業はすべて外部に依頼できるので、難しい作業にも手間がかからず、お店の強みを理解したホームページの作成が可能になります。

③取材、撮影
キーワード一覧を基に、ヒアリングシートを用いた取材(ホームページのデザインに関する要望等)、写真撮影(ホームページに掲載するもの)を行います。

④専門家(ディレクター)が設計、制作
取材、撮影した内容を基に、要望に沿ったオリジナルホームページの作成を、専門家(ディレクター)に依頼します。
依頼後、4~5週間でオリジナルホームページが完成します。

テンプレートではなく、完全に専門家による設計、制作ですので、デザイン性も優れ、SEO対策も万全。
ユーザーは①お申込み③取材、撮影に応じる、だけで作成できますので、シニアの方や、ネットに不安のある方も安心です。

魅力あるホームページデザイン/ページクオリティは、ネット集客にも必要不可欠だと以前の記事でお伝えしたかと思いますが、
世界で唯一の」「デザイン性に富んだ」ホームページは大きな魅力の1つですね。

D

次回は「ローカルプレイスクリスタルプラン」で設定できる、「独自ドメイン」とその効果についてお伝え致します。

「無料」でお店・会社をPRできる「Googleマイビジネス」に登録する方法②

登録02_01

「スマートフォンはお持ちでしょうか?」

そう聞いて、「持っていない」と言われるかたは年々減っています。

最近は町中でもスマートフォンやタブレットをお持ちのシニアのかたを見かけることが多くなりました。

調べ物は、情報誌などの書籍類を見ることで、しっかりとした情報を知ることができます。

しかし、「ちょっと気になるお店を見つけた」「お店の情報をすぐに知りたい」と思うことはないでしょうか。気になったお店が情報誌などに必ず載っているということはありません。

探せばあるのかもしれませんが、その手間を考えると、やはり簡単に、すぐ知りたい時にはWEBでお店を調べるのが主流になっています。

WEBでお店の名前を検索すると、気軽に、すぐに、お店の情報を見ることができます。

しかし、WEB上にお店の情報が載っていないこともあります。

気になっていたお店の情報を調べたとき、何も情報がなかったらどう感じるでしょうか。

ホームページがきちんとあるお店と、基本情報しか載っていないお店のどちらで買い物をしたいと思うでしょうか。

やはり情報が少ないことは、お客様の不安につながります。

少しでもお客様にお店の情報が伝わるほうが集客には有利だといえます。

お店を調べるお客様は来店する可能性が高いといえます。

なので、お店を調べてくれたお客様を集客する上でも、WEBは欠かせないものといえます。

Googleマイビジネスは無料でWEB上にお店の情報を載せることができ、しかも検索画面から簡単にお店のホームページを見たり、問合せをすることができます。

前回はGoogleアカウントの作成についてご説明しました。

今回は、お店をGoogleマイビジネスに登録する手順を紹介します。

 

Googleマイビジネスに登録しましょう。

まずはGoogleマイビジネスのページにアクセスします。

business_001_2

ビジネス情報を掲載の「ご利用を開始」をクリックし、日本地図の画面で、下記の情報を入力します。

business_002

「ビジネス名」
「国/地域」
「郵便番号」
「都道府県」
「市区郡」
「住所」

「メインの電話番号」
「カテゴリ」

を入力し、登録の「確認コード」の郵送リクエストをして、Googleからの返事を待ちます。

Googleマイビジネスから「確認コード」届いたのち、確認コードをマイビジネスのオーナー確認画面で入力し、「送信」ボタンを押して、Googleマイビジネスの登録作業は完了です。

 

Googleマイビジネスにお店情報を登録しましょう。

 

Googleマイビジネス ページにアクセスし、お店の必要な情報を入力します。

business_001

Googleマイビジネスにログインします。

business_007

「ホーム」(①)をクリックすると上の画面が表示されます。

記載する情報を追加・修正する場合は、「編集」(②)をクリックします。

business_008

「編集」をクリックすると、情報が表示されるので、追加・修正したい情報を入力します。画像の赤で囲ったペンマークをクリックすると、内容を変更することができます。

「電話番号」「営業時間」「特別営業時間」「HPのURL」「住所」「写真」の項目などを登録することができます。

Insightsページを利用しましょう。

 

Googleマイビジネスには、Insightsページというものがあります。

business_009

上の画像の「Insights」から、店舗情報をユーザーが検索したデータなどを見ることができます。

business_0010

さらに、Googleからの「ホームページ閲覧」、「電話問合せの数」、「ルートの検索数」「写真の閲覧数」など様々なデータを見ることができます。

データを元に店舗情報を修正・追加することで、効果を検証することができます。

 

このようにデータを、お客様にとってどういった情報が足りないか、情報を追加してどう変わったかなどをデータとして見て検証することで、次にどのような対策をすれば効果的か模索することができます。

今はWEBを使った集客方法もたくさんあるので、無料で得られるこれらのデータは、効果的なWEB集客を判断する材料に使うこともできます。

「1つでお店情報を管理できるGoogleマイビジネスとは?①」

アイキャッチ1

「自分の店の集客アップに悩んでいる」

「お店のホームページを持ってみたいけど、更新や操作が面倒そう」

と考えている方、いらっしゃいませんか?

そんな方にオススメなのが、Googleの検索機能に自分のお店の情報を追加する、「Googleマイビジネス」です。

「Googleマイビジネス」ってなに?

Google検索やGoogleマップ、GoogleプレイスとGoogle+に表示される情報を、一括管理することのできる無料ダッシュボードシステム(※1)のことです。

もとは、Googleプレイス、Google+ローカルページ、Google+ページというサービスがあったのですが、これらを統合し、新しい機能を追加したサービスが「Googleマイビジネス」になります。

 

※1:ダッシュボードシステムって?

複数の情報源からデータを集め、概要をまとめて一覧表示する機能や画面、ソフトウェアのことをいいます。このシステムがあるおかげで、複数のページの情報を1ヶ所で管理できるようになります。

 

言葉だけでは少々わかりづらいですね。

実際に見てみましょう。

 

例として、弊社の名前をGoogleの検索画面に入力します。

Google検索トリミング

これで検索をかけると・・・・・・

吉田地図PRセンター検索-

検索結果の画面が出てきました。

この右側に表示されている部分をアップで見てみましょう。

 

ローカルページ

会社名のほかに、住所、電話番号、営業時間など書かれています。

これが、ローカルページと呼ばれる、「Googleマイビジネス」のサービスのひとつです。

お店や会社がある場所にGoogleが勝手に作ってくれるページになります。

開業してからそれなりに時間が経っていればマップ上にほぼ存在しているはずですが、見当たらない場合、お店や会社側で「Googleマイビジネス」に無料登録し、作ることもできます。

 

このローカルページは「お店(会社)の名前」をGoogleで検索すると必ず出てくるものです。

みなさんのよく目にする場所に、お店や会社の電話番号や営業時間が出てくることで、パソコンの操作に慣れていないシニア世代の方でも、簡単にお店の情報を見つけることができます。

 

次回はこのローカルページのほかに、「Googleマイビジネス」でできることについてお話します。

 

 

LP(ローカルプレイス)でインターネット集客をする3つのメリット

A

LP(ローカルプレイス)とは

ローカルプレイスをご存知ですか?
ローカルプレイスは、簡単に店舗や施設の情報を掲載したサイトを作成し、専用のポータルサイトに登録する事ができる集客サービスツールです。

ローカルプレイス ポータルサイト
http://www.localplace.jp/

今回は、ローカルプレイスの魅力をインターネット集客をキーワードに大きく3つに分けてご紹介します。

1.様々なサイトとメディア連携ができる!

C

【メディア連携できるサイト】
YAHOO!JAPAN(ポータル)
食べログ(グルメ)
LINE(アプリ)
NAVITIME(地図)
JTB(旅行)
e-まちタウン(地域)

インターネット集客において重要とされている「露出数」ですが、ローカルプレイスは上記のような様々な触媒と連動(リンク)しており、露出機会が大幅にアップします。
入口を沢山持つ事は、SEO対策や、売上アップにも繋がります。
ポータル、グルメ、アプリ、地域…等、様々な特徴をもった触媒に対してリンクを貼る事で、様々な角度から効率よく多彩な露出が可能になるのです!

2.ネットが良く分からない…シニア、初心者の方でも安心!

「露出数」を確保した後は、出来るだけ長くページに興味を持ってもらえるような「ページクオリティ」が必要不可欠です。
ローカルプレイスでは、メニュー・アクセス・クーポン等…充実したページが操作しやすい管理画面から簡単に作成・編集する事ができます。
また、ページのデザインテンプレートも用意されており、用意されたテンプレートの中から好きなデザインを選択する事ができます!

B

更に、作成したローカルプレイスのページは、PC・タブレット/スマートフォン/携帯電話に対応しています。

スマートフォン対応でないサイトは…
・Google検索で上位に上がりにくくなってしまう
・スマートフォンから閲覧した際に見辛いのでサイトの離脱率が大幅にアップしてしまう
・そもそも携帯電話からでは閲覧できない
等の大きなデメリットがあります。

予めスマートフォンに対応しているので、安心ですね。

3.アクセス解析でより効果的なページ作りを!

ローカルプレイスには、アクセス解析ツールが付随しており、日別、週別、月別のデータの計測ができます。
各ページ毎のアクセス数や、どのキーワードで検索し、ページを表示されたのか(キーワードトラッキング)、どのサイトからページを表示されたのか(サイトトラッキング)等も解析できます。
これらのデータはすべてCSVファイルで保存、Microsoft Office Excelで表示、保管する事も可能です。

インターネット集客効果が期待できるウェブサイトには、これらのアクセス解析で得た情報を確認し、ページの課題を見つけ、解決する為の施策を実行する事を繰り返す事が必要不可欠となっています。
アクセス解析を持つ事で、インターネット集客が出来るウェブサイトへ一歩近づく事が出来るのです。

いかがだったでしょうか?
インターネット集客を目標にするにあたって、大きなメリットを有しているローカルプレイスですが、更にインターネットでの顧客獲得競争が進む現代社会に対応する、「ローカルプレイスクリスタル」が、新しく追加されました。
更にインターネット集客への効果が見込める「ローカルプレイスクリスタル」がどのようなシステムなのか、
次回から詳しくお伝え致します。

「無料」でお店・会社をPRできる「Googleマイビジネス」に登録する方法①

登録_01

「新規客をWEBで集客したい」
「WEBでもお店を知ってもらいたい」
「無料でお店をアピールしたい」

と、思っている方にオススメしたいのが「Googleマイビジネス」です。
もし、少しでもWEB集客を考えておられるならば、登録しておいて損はありません。
何より無料で利用できるので、まずはWEB集客の第一歩として考えてもいいかもしれません。

Googleマイビジネスに登録すると、Googleの検索結果から、お店の「所在地」「営業時間」「定休日」「電話番号」がひと目で分かるようになります。

お店を検索をすれば、検索画面からお店の情報を知ってもらうことができる上、そのまま電話してもらえる可能性もあります。

特にお店に来店しようと考える方や、地域のシニアの方にとって、特に知りたい情報はお店の「所在地の情報」や「電話番号」です。

「家から近い」「問合せ先」がすぐに分かることは来店するときの不安を消すことができ、実際の来店につなぐことができます。

ここでは、その無料でお店をPRできるGoogleマイビジネスの登録・Googleアカウント作成の手順を紹介します。

一回目の今回は、「Googleマイビジネス」の登録に必要になるGoogleアカウントの作成方法をご説明します。

 

1.まずは、Googleのアカウントを取得しましょう。

Googleマイビジネスを利用するには、Googleのアカウントが必要です。
まずはGoogleのログイン画面で、Googleのアカウントを作成します。

account1_001

Googleログイン画面で、「アカウントの作成」をクリックします。

account2_002ここで、アカウント作成に必要な情報を順に入力していきます。
入力は、以下の項目です。

「名前」
「ユーザー名」
「パスワード」
「生年月日」
「性別」
「携帯電話」
「現在のメールアドレス」
「国/地域」

まず「名前」、メールアドレスに使う「ユーザー名」、アカウントを使うのに必要な「パスワード」を入力します。
※「ユーザー名」は他の人が使っていないものしか使用できません。また、アカウント収得後は変更ができませんのでご注意ください。

あとは、「生年月日」「性別」「携帯電話」「現在のメールアドレス」「国/地域」を入力して「次のステップ」をクリックすると、利用規約の画面が出ますので、確認したのち同意します。

account_03
アカウントの確認が必要なので、確認コードの受取り先を指定し、「次へ」をクリックします。
account_04
Googleから受け取った確認コードを入力し、「次へ」をクリックします。
account_05

これでGoogleアカウントの作成は完了です。

次回は、このGoogleアカウントを使った、「Googleマイビジネス」の登録する方法をお伝えします。