「無料」でお店・会社をPRできる「Googleマイビジネス」に登録する方法②


登録02_01

「スマートフォンはお持ちでしょうか?」

そう聞いて、「持っていない」と言われるかたは年々減っています。

最近は町中でもスマートフォンやタブレットをお持ちのシニアのかたを見かけることが多くなりました。

調べ物は、情報誌などの書籍類を見ることで、しっかりとした情報を知ることができます。

しかし、「ちょっと気になるお店を見つけた」「お店の情報をすぐに知りたい」と思うことはないでしょうか。気になったお店が情報誌などに必ず載っているということはありません。

探せばあるのかもしれませんが、その手間を考えると、やはり簡単に、すぐ知りたい時にはWEBでお店を調べるのが主流になっています。

WEBでお店の名前を検索すると、気軽に、すぐに、お店の情報を見ることができます。

しかし、WEB上にお店の情報が載っていないこともあります。

気になっていたお店の情報を調べたとき、何も情報がなかったらどう感じるでしょうか。

ホームページがきちんとあるお店と、基本情報しか載っていないお店のどちらで買い物をしたいと思うでしょうか。

やはり情報が少ないことは、お客様の不安につながります。

少しでもお客様にお店の情報が伝わるほうが集客には有利だといえます。

お店を調べるお客様は来店する可能性が高いといえます。

なので、お店を調べてくれたお客様を集客する上でも、WEBは欠かせないものといえます。

Googleマイビジネスは無料でWEB上にお店の情報を載せることができ、しかも検索画面から簡単にお店のホームページを見たり、問合せをすることができます。

前回はGoogleアカウントの作成についてご説明しました。

今回は、お店をGoogleマイビジネスに登録する手順を紹介します。

 

Googleマイビジネスに登録しましょう。

まずはGoogleマイビジネスのページにアクセスします。

business_001_2

ビジネス情報を掲載の「ご利用を開始」をクリックし、日本地図の画面で、下記の情報を入力します。

business_002

「ビジネス名」
「国/地域」
「郵便番号」
「都道府県」
「市区郡」
「住所」

「メインの電話番号」
「カテゴリ」

を入力し、登録の「確認コード」の郵送リクエストをして、Googleからの返事を待ちます。

Googleマイビジネスから「確認コード」届いたのち、確認コードをマイビジネスのオーナー確認画面で入力し、「送信」ボタンを押して、Googleマイビジネスの登録作業は完了です。

 

Googleマイビジネスにお店情報を登録しましょう。

 

Googleマイビジネス ページにアクセスし、お店の必要な情報を入力します。

business_001

Googleマイビジネスにログインします。

business_007

「ホーム」(①)をクリックすると上の画面が表示されます。

記載する情報を追加・修正する場合は、「編集」(②)をクリックします。

business_008

「編集」をクリックすると、情報が表示されるので、追加・修正したい情報を入力します。画像の赤で囲ったペンマークをクリックすると、内容を変更することができます。

「電話番号」「営業時間」「特別営業時間」「HPのURL」「住所」「写真」の項目などを登録することができます。

Insightsページを利用しましょう。

 

Googleマイビジネスには、Insightsページというものがあります。

business_009

上の画像の「Insights」から、店舗情報をユーザーが検索したデータなどを見ることができます。

business_0010

さらに、Googleからの「ホームページ閲覧」、「電話問合せの数」、「ルートの検索数」「写真の閲覧数」など様々なデータを見ることができます。

データを元に店舗情報を修正・追加することで、効果を検証することができます。

 

このようにデータを、お客様にとってどういった情報が足りないか、情報を追加してどう変わったかなどをデータとして見て検証することで、次にどのような対策をすれば効果的か模索することができます。

今はWEBを使った集客方法もたくさんあるので、無料で得られるこれらのデータは、効果的なWEB集客を判断する材料に使うこともできます。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>