ホームページで「集客し続ける」ために必要な1つの方法


social-1966030_1280-1024x678

 

ホームページで集客し続けるためには、

 

「お客さんにとって役に立つ記事を書き続ける」

 

ということが必要です。

なぜなら、役に立つ記事を書き続けることで、

 

①検索順位を上げ、
②お客様からの信用を高める

 

ことにつながるからです。

まず、ホームページの集客において、

検索順位は非常に重要です。

 

この点Googleは、2011年12月に「フレッシュネスアップデート」という、

プログラム更新を行い、

情報の鮮度を重視するようになりました。

つまり、「情報が新しいサイトは順位を優遇する」ということです。

 

このアップデートにより、

これまで以上に、ホームページの掲載情報に

鮮度が求められるようになりました。

 

逆に言えば、

しっかりと有用な情報を発信し続けているサイトは、

検索順位が上がりやすい、

ということです。

 

このため、記事を書き続けることが重要になっているのです。

 

 

次に、記事を書き続けることがお客様からの信用を高める、

という点についてご説明します。

 

近年の消費者の嗜好の多様化や

SNSの普及などにより、

商品のライフサイクルが

急激に短くなってきたといわれています。

 

つまり、わたしたちは商品を改良する回数を

以前よりも増やし、

より短期間で新たな価値を生み出さなければ

いけないということです。

 

そしてその生み出すべき新たな価値は、

「情報」

という形であっても大丈夫です。

 

つまり、有用な情報が適切に配信されているサイトは、

コロコロと移り変わる消費者の嗜好を、

その変化に応じて充足させ、

満足度を高める、

ということです。

 

少しご説明がわかりにくかったかもしれません・・・。

 

もしくは、

 

■定期的に役に立つ情報が更新されているサイト
■まったく情報が更新されていないサイト

 
 
の、どちらが信用に値するか、

という点で見てもよいでしょう。

 

まちがいなく、

更新したほうが良い、ということがわかるかと思います。

 

SEO対策のためにも、また消費者の信用を得るためにも、

ホームページは何とかして更新しましょう。

 

あなたのライバルは、Googleがフレッシュネスアップデートを発表した5年以上前からすでに、対策されているかもしれません・・・

 

 

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>