SEOで、ライバルと ”まともに” 競争してはいけません。


2つ目のHP

競争に巻き込まれることなく、

より少ない労力でライバルたちに勝つには、

自分に有利な条件になるように、局地戦にもち込む必要があります(ランチェスター戦略)。

または敵がいないところを目指します(ブルーオーシャン戦略)。

 

上記の2つは経営戦略的な側面が強いですが、
SEOにおいても、とても効果的です。

 

細かい定義は他にゆずるとしまして、
ようするに

 
「戦わずして勝つ」

 

が効果的・かつ効率的だということです。
そしてそのためには、SEOの対象となる検索キーワードを
絞り込む必要があります。

 

歯科医院の場合
496e94fb1ab88fa73c8d8c3d2586820b_s

たとえば、歯科医院さんの場合であれば、

「インプラント治療」だけに絞り込んで、

そのことを専門に扱う「専門サイト」を作ります。

 

ただし、「インプラント」だけでも、

今や、そうとうな激戦キーワードです。

それではどうしましょう。

 

例えば、

 

「ブリッジ治療」

 

について、とことん掘り下げてみてはいかがでしょうか。

(※「ブリッジ」とは、歯を失った時の治療法のひとつです。)

 

インプラント治療への導線をつくりつつも、

ターゲットとしては、

 

「インプラントに不安を覚える方」

 

を対象にし、

その人たちの不安を取り除くことを目指すのです。

ここで重要なのは、「競争をしない」、ということです。

 

他の業種で言えば、

 

リフォーム業の場合
diy-932183_1280-1024x682

リフォーム業なら、「水まわりのリフォーム専門」とし、

「蛇口の水漏れ 修理方法」

 

をとことん掘り下げる、という方法もあります。

 

そして、「自力で修理をやってみたけど、どうにもならない方」
からの注文を得られるよう、工夫を重ねるのです。

 

 

▶美容院の場合
hairdresser-1098831_1280-1024x708

美容院なら、「シニア向け美容サービス専門」とし、

 

「60代 髪型」

 

をとことん掘り下げる、という方法もあります。

さらにはショートカット専門という要素も加味し、

シニア集客を目指すのです。

 

 

上記はもちろん、一例です。

考えればまだまだ出てくるでしょう。

 

また、全業種に通じる共通の方法もありますが、

それは別の機会にお伝えしたいと思います。

 

 

このように、第二のホームページとして「専門サイト」を持ち、

適切な対策をすることで、

競争することで起こる、つらさ・気苦労から逃れ、
コストや手間をあまりかけずに、新たな集客の入り口ができるのです。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>