Googleアナリティクスのレポート画面で様々なグラフを表示する方法

サマリー - Google Analytics (15)

今回はGoogleアナリティクスのレポート画面で、様々なグラフを表示する方法について説明します。
通常のレポート画面は以下のようなグラフ+表で表示されます。
これだけでも十分見やすいのですが、Googleアナリティクスには他にも円グラフを表示したり、サイト全体との平均値を比べるグラフなどがあります。
では以下に様々なグラフや表の見方について説明していきます。

円グラフを表示する方法

「当サイトの利用者のデバイスごとのデータを円グラフで見たい」と思う人は多いのではないでしょうか?
通常の表でも各デバイスごとの利用率は表示されるのですが、円グラフの方が自分だけではなく、他の人もわかりやすいですよね。

レポート」→「ユーザー」→「モバイル」→「サマリー」の順にクリックしてください。
サマリー - Google Analytics (17)そうすると各デバイスのデータが表示されます。
円グラフを表示するには、下の画像の赤く囲った所をクリックしてください。
サマリー - Google Analytics (18)円グラフが表示されます。
サマリー - Google Analytics (19)表よりも円グラフの方が見やすくなったのではないでしょうか?

サイト平均値と比べることができるグラフ

次に紹介するグラフは、サイト平均値と比較することができるグラフです。
下の画像の赤く囲った所をクリックしてください。
サマリー - Google Analytics (20)そうするとグラフが表示されます。
サマリー - Google Analytics (21)各項目がサイト平均値と比べて+ならば右側に、−ならば左側にグラフが表示されます。

今回は例として、デバイスごとのデータを見ましたが、他のデータでもグラフを表示することは可能です。
例えばサイトを訪れた人はどこからやってきたかわかる「参照元/メディア」、検索キーワードがわかる「オーガニック検索」などでも表示することが可能です。
以上、様々なグラフを見る方法でした。

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>