Googleアナリティクスのレポートを更に細かく見る方法


これまでGoogleアナリティクスのレポートを細かくみるために、「セカンダリ ディメンション」を設定したと思います。
すべてのトラフィック - Google Analytics (23)例えば、サイトを訪れた人はどこからやってきたのか?また最初に見たページはどのページなのか?を知りたい場合、
「集客」の「参照元/メディア」をクリックし、「セカンダリディメンション」に「ランディングページ」を設定しました。

さらに、「新規かリピーターか」を知りたい場合、どうすればいいのでしょうか?
それを知るためには「ピボット」という機能を使います。
ピボットを使うと、ディメンションを3つ選択できるようになり、さらに細かいデータを見ることができます。

ピボットの使い方

Googleアナリティクスにログインし、データを見たいレポートを開いてください。
今回は先ほど挙げた例を活用したいと思います。

サイトを訪れた人はどこからやってきたのか?また最初に見たページはどのページなのか?
さらに、「新規かリピーター」か?

レポート」→「集客」→「すべてのトラフィック」→「参照元/メディア」の順にクリックし、「セカンダリディメンション」に「ランディングページ」と設定してください。
すべてのトラフィック - Google Analytics (24)今回の例で挙げた「新規かリピーター」を知るためには、ピボットを設定します。
下の画像の赤く囲った部分をクリックしてください。
すべてのトラフィック - Google Analytics (25)ピボットの設定を行いましょう。
ピボットに「ユーザータイプ」と選択し、ピボット指標に「指標」を選択します。
CSGrMqE7jobH_uQ1432544099_1432544190するとピボットが適用された画面が表示されます。
さらに一歩踏み込んだデータを見たい場合は「ピボット」を活用してください。
以上、Googleアナリティクスのレポートを更に細かく見る方法でした。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>