サイト訪問者のサイト内行動を指定したデータをみる


今回は、サイト訪問者のサイト内行動の順番を指定したデータをみることができる「シーケンス」という機能について説明します。
「シーケンス」とは「順番」という意味です。
ユーザーの行動の順番を指定したデータを知りたいときは、「シーケンス」を使います。
では具体的にどういったことができるのでしょうか?

例えば、以下のようにユーザーの行動を指定することができます。
・1回目の訪問はサイト検索から、2回目の訪問でコンバージョンに至る
・1回目の訪問はリスティング広告から、2回目の訪問は検索サイトから訪れた

指定した順番のデータをみることで、コンバージョンに貢献した検索キーワードなどからユーザーが求めているニーがわかるなど、新たな発見があるかもしれません。

シーケンスを設定する

シーケンスは、カスタムセグメントで作成することができます。
Googleアナリティクスにログインし、「レポート」→「ユーザー」→「サマリー」の順にクリックしてください。
次に「+セグメント」をクリックしてください。
シーケンス次に、「シーケンス」をクリックしてください。
シーケンス2次にサイト内行動を指定しましょう。
ステップ1には1回目の行動を、ステップ2には2回目の行動を設定しましょう。
また設定の際にはセッション単位か、ユーザー単位かを選択することができます。
シーケンス3名前を入力し、保存をクリックすると、シーケンスの設定は完了です。
シーケンス4

以上、シーケンスについてでした。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>