にゃんだろう君と学ぶ!~Googleウェブマスターツール「その他のリソース④-1」について~


Googleウェブマスターツールのその他のリソースについて。今回は「Googleマイビジネス」についてご説明します。

携帯などで、お店の名前や場所の名前をGoogleで検索したとき、下記の画面が表示されるのをみたことがあると思います。

位置情報

 

実はこれ、Googleウェブマスターツールの機能の一つである「Googleマイビジネス」なんです。

Googleマイビジネスは、Google検索、マップ、Google+、携帯端末など、ユーザーがどこで情報を探しても、Google+ページがあれば、お客様とつながることができます。

店舗や企業の名前、説明の情報以外にも、地図情報や営業時間、お問い先電話番号などを表示することで、ベストなタイミングで適切な情報をひと目でチェックしてもらえます。

Googleマイビジネス1

Googleマイビジネス2

Googleマイビジネス3

Googleマイビジネス4

実際にどんなことができるのでしょうか?

 1.Googleに掲載できる情報

機能

Googleマイビジネスを利用すると、Google検索、マップ、Google+にビジネス(企業、店舗、団体)の情報を掲載することができます。

 

例えば、名称、住所以外にも「営業時間」「お問い合わせ先の電話番号」「目的地までのルート」「マップでの目的地地点」「ビジネスの評価」「口コミ」などが表示することができます。

 

クチコミ

 

 

 

 

 

 

店舗や企業名、リッチスニペットだけでは、お客様がお目当ての情報がなかなか見つからない状況が起こってしまう可能性があります。それでは、お店や企業の宣伝効果にはつながりません。しかし、Googleマイビジネスでは、必要に応じて何度でも情報を更新できるので、正確な情報をお客様と共有できるようになります。また、パソコンやスマホなどで対応できるので、どこにいても同じ情報をチェックすることができます。

信頼できる好意的な口コミや、きれいな写真やサービス情報、商品の写真を使用すれば、さらに、サイトをアピールできることでしょう。

 

2.管理は簡単

機能2

 

ただし、どんな企業や団体でも、この機能を使えるというわけではないのです。

 

  • 対象となるビジネス

営業時間内に、直接お客様と対応するお店やサービス。

例えば、飲食店やコンビニなど。

※注意

ATM、ビデオレンタル店は、セルフサービスビジネスなので許可がでます。ただし、追加する場合は、お客様が利用できる連絡先を明記する必要があるので注意が必要です。

  • 対象とならないビジネス

・工事中の店舗、または開店していない店舗や企業

別荘やアパートの空き家などの、不動産賃貸物件や販売物件。

※ただし、販売または貨物業務を行う事務所は、個別に確認を受けることができます。

・あなたの店舗や企業が、他の店舗または企業の場所を借りて、継続的に実施するサービス、教室、集会所。

※その場所の所有権者または、代表者とご相談いただき、貴社のビジネス情報がその所有者のページ紹介フィールドに表示されるようにしてください。

 

  • 所有権

Googleマイビジネスでビジネス情報のオーナー確認と、管理を行えるのは、店舗や企業などのオーナーまたは、承認を受けた代理人しかできません。

 

 

  • その他の注意点

・違法行為について

Googleが不正な行為や、違法行為を発見した場合は、アカウントを停止したり、検索結果からビジネス情報を削除することがあります。

マーケティングプロモーション、コンテストについて

これらに当てはまる場合は、開催規約との矛盾がないか、ガイドラインと参加資格を明記してください。また、提示した懸賞類が、明示的か黙示的かを問わずにすべてを厳守する必要があります。

 

マーケティング

 

 

 

 

 

 

 

プロモーション

 

 

 

 

 

 

 

 3.お客様との交流

機能1

 

お客様に確実に最新情報を届けることは、店舗や企業の売上げアップにつながります。Googleマイビジネスを使用し、新着情報やニュース、特別クーポンを投稿して、継続的に情報を提供しましょう。投稿したコンテンツに+1やコメントをもらうことで、お客様の声を直接聞く機会にもなります。

また、お客様の評価や口コミを投稿してもらったり、+1ボタンでコンテンツを評価してもらったり、Google+の投稿をウェブ上で再共有(フォロー)してもらうことで、サイトの信頼性が高くなります。

お客様からのフィードバックに返信することもでき、貴重なご意見・ご要望を常に意識し、評価やクチコミにも返信することができます。

 ハングアウトというアプリを使うと、お客様とビデオチャットができ、お互いの顔を見ながらイベントの発表や最新製品のお披露目などにも使えます。

 

ハングアウト

 

 

 

 

 

 

 

ここまでで、Googleマイビジネスの機能は把握出来たでしょうか。

Googleマイビジネスの登録方法は、文章が長くなるので次の回にまわしたいと思います。


【参考サイト】

https://www.google.com/business/?utm_medium=et&ppsrc=GMBB0&utm_source=gmb&hl=ja&gmbsrc=ww-ja-et-ip-wt-gmb-s-z-h~wt-z-u&utm_campaign=ww-ja-et-ip-wt-gmb-s-z-h~wt-z-u

「Googleウェブマスターツール Googleマイビジネス」

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>