にゃんだろう君と学ぼう!~Googleウェブマスターツールの「その他のリソース④-2」について~


Googleマイビジネスの機能について、前回お話ししました。

今回は、そのマイビジネスの機能を使用するための、登録方法をご説明します。

 

 

Googleマイビジネスは、どなたでも無料でご利用できます。

では、実際にGoogleマイビジネスに登録してみましょう。

 

1.Googleに登録

Googleマイビジネス11

 

Googleマイビジネスのホームにある、上記の赤く囲んだ「Googleに登録」ボタンをクリックします。

Googleマイビジネス手順1

 

2.住所または、名称を検索

クリックすると、世界地図が表示された画面がでてきます。画面の左上にある「名称または住所で検索」に、あなたの店舗や企業の名前か住所を記入し、検索してください。

また、下記の画面右上にある「ローカルビジネス以外の方」ボタンからでも登録することが出来ます。

Googleマイビジネス手順1-1

 

Googleマイビジネス手順2

 

※「ローカルビジネス以外の方」の画面

 この「ローカルビジネス以外の方」の画面では、地域に密着しているサービスか、ブランドなのか、地域に密着していないサービスなのかを選択することもできます。

もし、既に登録されているようであれば、オーナー権限が必要となりますが、なければ引き続き登録していきます。

 

3.Googleからコードを入手

住所を入力して送信すると、Googleから認証をとるための連絡がきます。

連絡手段を電話かハガキのいずれかで、受け取り、指定されたコードを入力して登録します。

コード

 

 

 

 

 

 

4.情報を追加

コードを入力して承認がとれたら情報を追加することができます。

営業時間、定休日、電話番号、説明文などを追加し、カテゴリはその前に登録することができますが、任意のカテゴリでなくGoogleが推奨しているカテゴリに登録する必要があります。いくつかのサービスがある場合は、複数登録することができます。

 5.登録完了

登録が100%完了していればOKです。登録内容に不備が見つかったり、追加しそこねた内容が見つかった場合は、画面右上にある「歯車ボタン」から設定を編集することができます。

 

 6.その他

複数の店舗をお持ちの方は、「ローカルビジネス以外の方」の画面下に赤く囲んだ「Googleマイビジネスロケーション」ボタンをクリックし、画面にある説明にしたがって、登録してください。

 

 

また、Googleマイビジネスの他に、「Google+」からも同じように、登録することができます。

※注意事項

・二重登録してしまった場合

登録が重複してしまう原因の一つとして、Googleマイビジネスの他に、「Google+」からも同じように、登録することができます。これにより、両方から別々に作ってしまい、結果同じ内容のページが存在してしまうという問題がおきます。

Googleでも重複するページについては、承知していて、重複しているページは表示されないようにしています。もともと別のサービスだったので、このようなことが起きています。削除したくない場合は、削除したいページに行って、左メニュー「設定」から「ページを削除」、その後「処理中の~で支払い義務」といった記事がありますが、重複しているようなページは削除しても構いません。

 


 

【参考サイト】

https://www.google.com/business/?utm_medium=et&ppsrc=GMBB0&utm_source=gmb&hl=ja&gmbsrc=ww-ja-et-ip-wt-gmb-s-z-h~wt-z-u&utm_campaign=ww-ja-et-ip-wt-gmb-s-z-h~wt-z-u

「Googleウェブマスターツール Googleマイビジネス」

【参考資料】

「頼られるWeb担当者になる!Googleウェブマスターツールの教科書~検索エンジン上位表示や検索流入の増加に必須のツールを徹底攻略~」:大本あかね・菊池祟【著】


SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>