10年後、その仕事は残っているのでしょうか

【目次】


  1. ごあいさつ ~10-20年後にその仕事が残っているか~
  2. 私たちはどのようなキャリアを積むべきか
  3. 当社が求める人材 ~こんな方は「悪人」!!~
  4. 当社の良いところ
  5. 当社の悪いところ
  6. 最後に

 




1.ごあいさつ ~10-20年後にその仕事が残っているか~



吉田地図PRセンター、採用担当の下村和也と申します。
当サイトをご訪問いただき、誠にありがとうございます。


冒頭に少し刺激的な言葉を記載いたしました。
これは、普段から私自身が考えているテーマでもあります。


おそらく、この長きにわたって続いている不況により、
多くの方が将来に対し、不安をお持ちのことと思います。

特に近年は


「第4次産業革命」

が標榜されているように、
激動の時代にあります。

日経ビジネス 第四次産業革命

※この点は、特に日経ビジネスに詳しく特集されていますので、
 ぜひご一読ください。


また、ご存知の方も多いかと思いますが、
特に昨年、
オックスフォード大学の、
カール・フレイ博士、マイケル・A・オズボーン准教授らが2013年に発表した論文が話題となりました。



~ 雇用の未来 :コンピューター化によって、労働市場はどのような影響を受けるか~



この論文により、アメリカに現在ある、全ての業種
702業種を対象に、


「10~20年後にその仕事が残っているか」


ということが、確率で明らにとなったのです。

つまり、

今、当たり前に存在する、さまざまな職業が、
近い将来に消滅する可能性がある

ことが明らかとなったのです。


このような時代背景を踏まえ、
私たちが身につけるべき知識、キャリアを、
今までよりも、もっともっと真剣に考えなくてはいけません。


それでは、私たちはいったい、どうするべきなのでしょうか。





2.私たちは、どのようなキャリアを積むべきか



もしよければ、下記の書籍はたいへん参考になるかと思います。
ご一読ください。

キャリアノートで会社を辞めても一生困らない人になる

上記の書籍でも触れられていますが、
これからのビジネスパーソンは、国や会社を頼りにせず、
一生食べていけるだけのキャリアを構築しなくてはいけません。

そのためにも、

「仕事観」

という観念は、できる限り若いうちから
真剣に考えておいたほうがいいでしょう。

仕事観とは、


人生における仕事の意味


です。
生活するための手段であることは当然として、
その上で、


■社会のために奉仕する手段
■家族を含め、身近な人の幸福を追求する手段
■自己成長の場


など、人それぞれあるかと思います。
当社としましては、「これ」というものを押し付けることはありません。

当社としましては、
できる限り、皆さんの仕事観に応じた場を創っていきたいと考えています。

そのためにも、
上記の書籍等を通じ、
また現代の社会情勢に鑑み、

十分にご自身の考えを醸成いただければと思います。





3.当社が求める人材 ~こんな方は「悪人」!!~



当社の求める人材、
特に今回募集しております、営業マンについて、お話をしたいと思います。



まず、営業マンは基本的にはモノ・サービスを売ることが主な役割です。
しかし、当然ながら営業マンが対応したすべてのお客様に、商品を購入いただける訳ではありません。


■当社の商品が不要であった場合
■当社の商品が必要であったが、その必要性をうまく説明できなかった場合


断られる理由はさまざまですが、
いずれにせよ、
購入いただけなかった場合は、営業マンが対応したお客様の、


「貴重な時間を無駄にしてしまう」


ことに通じます。
それに加え、もし営業マンが失礼な態度を取っていたとしたなら。
また、その失礼な態度が一向に改善しなかったとしたら。

それははたして、「仕事をした」といえるでしょうか。

仕事は、価値を生み出す必要があります。
多くの方に喜んでいただく必要があります。


モノを売りたいが為に、お客様を見下し、礼を尽くさないような営業マンは、
もはや「悪人」といえるでしょう。


当然、私たちは社会に必要とされる存在、「善人」にならなければなりません。


断られる場合においても、
少しでも気持ちのよい時間と感じていただけるよう、

■声のトーン
■ことばづかい
■表情
■服装

それらに十分、気を遣い、
心地よい空気を作り、
お客様にとって無駄では無い時間をつくるべきなのです。


営業マンはすべからく
思いやりの心を持ち続けるべきであり、
その意志を大切にできる方々に、当社の門を叩いて頂きたいと考えています。





4.当社の良いところ



(1)創業28年の歴史と信頼+ベンチャースピリット

 当社は昭和62年に創業。
 NTTと共に、地域情報誌を発行するところから始まりました。

 そしてその間、地域に根付いた事業を展開し、
 コツコツと企業としての基盤を築いてまいりました。

 それに加え、
 現在では組織の若返りを図るべく、若手の登用に力を入れています。
 
 また、
 若い力を生かすべく、さまざまな試みにチャレンジしています。

 これはベンチャー企業に見られる精神と言えるでしょう。

 新旧企業の良いところを交えた、ハイブリッドな組織体。
 それが当社の特徴です。







(2)女性社長ならではの、こんな制度があります

当社は社長が女性です。
また、営業部長を除き、最前線で活躍されている営業部ナンバーワンは女性です。
すみれ工房という、読売新聞に取り上げられた、ワークライフバランスを重視する部署があり、
そこに所属する9割の方々は女性です。

男女比こそ1:1と、ちょうど半分ずつとなっていますが、
トップが女性ということもあり、思いやりあふれる制度が特徴となっています。

例えば、
 ■誕生日にはステキなギフトが届きます。
 ■節分には恵方巻きが配られます。
 ■クリスマスにはケーキが配られます。
 ■ときには、おいしい土つきのレンコンが配られます。
 ■生協の宅配サービスが誰でも利用可能です。
 
 



 その他、ビアガーデンやお花見、餅つき大会など、
 ちょっとした行事もあります。

 


 その他、ステキなアイデアは随時募集していますので、
 皆さんの力で、職場の魅力をもっともっと高めていただければと思います。




(3)教育に力を入れています

 

 「とりあえず行ってこい!」

 多くの企業で、新人営業マンはこのように言われると思います。
 また、当社もつい最近まではこのような職人気質な教育方法を取っていました。
 
 しかし、これも改善が必要との考えから
 今ではきっちりと一からご指導するよう、心がけています。

 具体的には、

 ・サービスの説明
 ・資料の準備

 は当たり前のこと、

 ・ロールプレイング(スタッフ間での営業シミュレーション)の徹底
 ・定期的な勉強会
 ・営業の同行

 を充実させ、
 ベテラン営業マンとコミュニケーションを取れる機会を多くつくっています。


 これにより営業職が始めての方でも、できる限り不安が解消され、
 早期のレベルアップにつながります。


[ロープレイング風景]


[教育プログラム]



また、特に若手の方々には


「夢」


を大切にしていただきたいと思っています。


 ■お金持ちになりたい
 ■マイホームを持ちたい
 ■独立したい
 ■将来結婚し、家族と幸せな時間をすごしたい


さまざまな夢があるかと思います。
この点、夢を現実にするためには、どのように毎日を過ごせばいいかを応援しています。

つまり、

 ■独立したい

という夢であれば、どのようなスキルを、いつまでに身につけなければいけないかを明確にし、
それをクリアするための行動目標を作成した上で、仕事にあたるということに取り組んでいます。


皆さんのすばらしい夢を、ぜひお聞かせください。




(4)手を挙げれば、幹部への道が開けます。

 今回、募集する人材として「幹部候補生」とさせていただきました。
 そもそも当社では、若手でも力のある方はどんどんと組織の中枢に入っていただけます。
 その資格は簡単。

 「やる気を見せること」

 これだけです。
 もちろん責任は大きなものなりますが、
 より、大きな仕事をこなす醍醐味を味わえることが特徴です。


 それでは幹部とはいったい何をするのか。

 平たく言えば、会社の運営です。
 
 ■ルールを決め
 ■目標を決め

 それらにしたがって、会社がうまく回るよう、調整を図るということです。
 ぜひそのやりがいを実感いただければと思います。





5.当社の悪いところ


当社の弱点としまして、変化の途上にいるという点があげられるでしょう。
現在、若手の登用・組織の活性化に力を入れていますが、
まだ、その試みは途中段階であり、完成したわけではありません。

つまり、現時点では
意図する社風が全体に浸透しきっていない状況にあります。

これを「悪い」と捉えるか、

まだまだ成長の余地があるとして、「良い」と捉えるかは人によりますが
改善すべき点であることは間違いありません。


改善すべき点ということであれば、
上記以外にもたくさんあります。


それはもう、数え上げればきりがありません(苦笑)


それらに踏み込むと少々長くなりますので、
この場ではいったん割愛させていただきます。

もちろん、面接時には包み隠さずお話しますので、
ご遠慮なくお尋ねくださいませ。





6.最後に



お話したいことはまだまだたくさんありますが、
それよりも何より、
皆さんのお話をいろいろとお聞かせいただければと思います。

皆さんのご希望をお聞かせいただきたく思います。


できること、
できないこと

当然、いろいろとありますが、
それでもまずはお話を伺い、
理想の追求のため、
共に努力を重ねる。


会社とは
そうありたいと常々思っています。


まずは面接という形で当社にお越しいただき、
皆さんのお話をお聞かせください。


どうぞ宜しくお願い申し上げます。





メールでの問い合わせは、こちらから

お電話でのお問い合わせは、下記までお願い致します。

 075-575-2600


[受付時間]
 ■曜日:月~金、第1・第3・第5土曜
 ■時間:9:00~17:30



編集・制作

現在「編集・制作」の募集はありません。